Topページ > 投資・資産運用 > ビットコイン取引の基本を知ろう〜口座の開設と各取引所の比較 〜
更新日:2017年4月20日

ビットコインの一般的な口座開設の流れと、各取引所の比較とそれぞれの特徴を見ていきます。取引所選びの参考にしてください。

ビットコイン口座の開設方法は?

ビットコインを購入するには、ビットコインの取引所で購入します。取引所で取引をするためには、まずはメールアドレスを登録しアカウント作成を行います。取引所で口座開設をする必要があります。取引所のホームページで申し込みフォームに必要事項を入力し、運転免許証などの本人確認書類の画像をアップロードすれば登録完了です。証券口座のような書類のやり取りは必要ありません。その他、取引所によっては銀行口座の情報なども登録する必要があります。

日本語対応取引所の比較

海外の日本語対応取引所も含め、複数ある取引所の中からどの取引所(取引市場)に口座を開けばよいのでしょうか?取引所により手数料や取り扱いサービスの内容は様々ですので、比較してみましょう。

取引所による違いとして押さえておきたいポイントは、①レバレッジ取引の有無②取引手数料③リスク管理です。ではこの3つのポイントについて日本円で取引できる取引所を比較してみましょう。(2017年1月19日現在)

現物の手数料では、現状0%としている取引所が多いです。取引手数料がマイナスになっているものは、その取引市場に資金を呼び込み流動性を維持するためにキャッシュバックのような形で逆にこちらが手数料をもらえることになります。また証拠金取引については、一部の取引所を除き取り扱われています。レバレッジは最大25倍ということで、もともと価格変動の大きい商品ですが、証拠金取引を行うことにより少額でさらに大きな利益を生み出すチャンスがあります。

そして、取引所のリスク管理についてですが、Mt.Goxの事件などに鑑みると、一番大切なのはビットコインの管理がどのようになされるかというところにつきます。この点、上記の取引所すべてにおいて、コールドウォレットによって管理をしています。また、bitFlyer、bitbank、Kraken、Zaifではマルチシグネチャウォレットというさらにセキュリティの強いシステムを採用しています。

取引所各社の特徴などまとめ

bitFlyer

ビットコインの取引量・口座数が日本一。ビットコインの保管中のリスクを保証するため損害保険が掛けられています。
[PR] 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入ならbitflyer

Bitbank

キャピタルゲインフィー制度を導入し、国内で唯一追証なしを実現しています。証拠金取引を行っても購入金額以上に損をすることはありません。

BTCBOX

2年以上サーバーダウンゼロが特徴です。また、数少ない電話やLINEでのサポートもしてくれるため疑問がある場合も安心です。

coincheck

日本で一番簡単にビットコインを買える取引所ということで、Facebookアカウントがあれば、その他の認証なしでビットコインを買うことができます。

Zaif

スマートATMというサービスで誰でもビットコインの対面販売所を運営することができます。副業としてビットコインの販売ビジネスが始められます。また、銀行口座自動引き落としでビットコインの積み立てができるのも特徴です。

Kraken

海外の取引所の中で、唯一日本語に対応しています。(2017年1月19日時点)日本語対応取引所の中では仮想通貨の取り扱い種類が最も多いので、ビットコインはちょっと高いから、と思う方にはおすすめです。

Quione

世界最高速の取引エンジンを採用し、毎秒100万取引の処理が可能となっています。また、多数のアルゴリズム取引を提供しているため、投資をメインに考えている方におすすめです。

Lemuria

世界の大手取引所で使われているセキュリティサービス「BitGo」を国内初の取引所として初めて採用しており、セキュリティの面では安心して利用できるのが特徴です。

BITPoint

FXトレーダーにも人気の高いMT4(MetaTrader4)を利用できます。また、上場企業の「リミックスポイント」の子会社であるため、出資関係がはっきりしている分、運営会社に対する信用は高いと言えるでしょう。

J-Bits

ビットコインの情報サイトである「コインポータル」と連携しているため、PC用サイトやスマホアプリから多くの情報を参照することができます。

Fisco Cryptocurrency Exchange

平成28年8月に取引所の運営を開始したばかりですが、株式会社フィスコが大株主となっており、資本の信頼性もありますし、今後金融・経済などの情報提供の拡大が期待されます。

まとめ

各取引所の特徴を確認し、自分に合った取引所を見つけて下さい。そして、慣れてきたら他の取引所も利用して、サービスの違いなどをうまく補うとよいかもしれません。

> 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入ならbitflyer <

【ビットコイン関連コラム】

ビットコインは使える通貨?送金時のメリットや、ビットコインの買い方とは
ビットコイン取引で得た利益は課税対象となるのか?
新しい通貨の在り方、ビットコインを使った投資手法とは
注目の仮想通貨「ビットコイン」、毎日の相場解説