Topページ > 投資・資産運用 > 【2/23まで締切間近!】2月末確定分の注目株主優待銘柄はこれ
公開日:2017年2月20日

2月末で確定する株主銘柄

2月20日付けの日経新聞は、2016年度の上場企業が株主に対して実施した配当総額がリーマンショックを受けた2009年に比べ約2倍のに達したと伝えています。また同記事によるとKDDIや三菱商事、コナミHDなど好業績な主力企業が相次ぎ増配するとのことです。その背景としてアドバンテスト社の吉田芳明社長は「長期投資家をつなぎとめるには株主への還元率を高める必要がある」と述べております(日経新聞1面より一部抜粋)。

背景には個人株主が増え、短期的な株価の値動きだけでなく長期的な株主をつなぎとめるための施策が必要になってきているといえるでしょう。そういった流れを考えていくと、企業の配当だけでなく株主優待の充実も今後より期待できるといえます。

今回は、株主優待の2月末確定分についてそのお得な企業をピックアップします。今回取り上げた2017年2月確定だと、株主優待の権利付き最終日は23日、権利落ち日は24日なっています。締切も間近ですので、ご注意ください。

優待利回り視点から観た注目銘柄三選

1. 北の達人コーポレーション

優待利回り 7.5%

株価100株を保有することにより、ケアナノパック(1本4,776円)1本分が手にはいります。ケアナノパックは女性向けの毛穴パックで、美容サイトなどのネット口コミサイトでも高評価を得ている人気商品です。2月17日終値で、1株当たり株価が630円で100株単位なので優待利回りは約7.5%と、ユーザーにとってはかなり魅力的な優待内容です。

2017年1月20日(株)北の達人コーポレーション  株主優待変更に関するお知らせ(PDF)

2.ビックカメラ

優待利回り 1.8%

株価100株を保有することにより、2000円相当のビックカメラで購入できるお買い物優待券が手にはいります。お買い物優待券は、系列店であるビックカメラ・ソフマップ・コジマ店舗またはビックカメラ.comのネットショップでも利用できます。 2月17日終値で、1株当たり株価が1,066円で100株単位なので優待利回りは約1.8%ですが、家電製品を買えると考えるとそれなりに魅力的な優待内容といえるでしょう。

(株)ビックカメラ 株主優待制度

3. ダイヤモンドダイニング

優待利回り 3.5%

株価100株を保有することにより、DDマイル6,000マイル、もしくは株主ご優待券6,000円が手に入ります。DDマイルはダイヤモンドダイニンググループで使えるマイレージで、1マイル1円相当の食事が可能です。ダイヤモンドダイニング自体は、東京都心または関西の大都市を中心と店舗展開をしており、特にテーマ型店舗に強いフードサービス企業です。2月17日終値で、1株当たり株価が1,763円で100株単位なので、優待利回りは約3.5%となかなかの魅力的な優待内容です。

(株)ダイヤモンドダイニング 株主優待制度

【株主優待に関する関連記事】
2017年事始め、株主優待を賢く受け取る方法とは? 
めざせ株主優待生活!申込ポイントや注意点を解説 
知って得する!株主優待の魅力と銘柄選びのポイント 

※株価や株主優待内容については、2017年2月19日時点の弊社独自の調査による結果です。特に株価などの数値は日々変わりますので、最新の情報はそれぞれ公式のWebサイト等でご確認ください