Topページ > 投資・資産運用 > (中級編)プロが教える、株式投資初心者が最初に読むべきおすすめ本5選
公開日:2017年1月22日
更新日:2017年2月24日

勝てる投資家になるためには、優れた投資の本を読むのが早道です。個人投資家なら押さえておきたい定番の本を初級・中級・上級編に分けてシリーズでお伝えします。今回は中級編です。

はじめに

株式投資の本はそれこそ数知れずありますが、投資の世界には、投資家達に読み継がれて来た名著があります。今回は中級編ということで、「この本に影響を受けた」「参考になった」など、個人投資家が集まると必ず話題に上がる定番中の定番の本を集めてみました。

【コラム】これから株式投資を始める人が読むべき本おすすめ5選

インデックス投資にはこの本(1)

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理
バートン・マルキール
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 1,740
敗者のゲーム〈原著第6版〉
チャールズ・エリス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 11,381