Topページ > 投資・資産運用 > 2018年開始の積立型NISAは20年間非課税に、投資のポイントと利点は?
公開日:2017年1月20日
更新日:2017年6月27日

2018年1月から新たに加わる「積立型NISA」。名前から察するに、より長期で保有するスタイルの投資にはメリットはありそうな制度ですが、果たしてどんな内容なのか詳しく見ていくことにしましょう。

2018年から加わる積立NISA

今回は2018年1月から新設される予定の「積立NISA」紹介します。

現在、20歳以上を対象とする「現行NISA(年間投資額120万円、非課税期間5年)」はありますが、新しく「積立NISA」が加わる予定です。新設の目的は、金融庁によると『手元資金が十分でない若年層等の利用を促進する観点から少額からの積立・分散投資に適した「積立NISA」の創設』とうことですが、「積立NISA」とはどのようなものなのでしょうか?確認しておきましょう。

税制メリットの大きな「NISA」投資、完全指南書
一定期間投資利益が控除されるメリットの大きなNISAについて、最新の情報や口座開設、金融機関の特長などを紹介いたします。

新設予定の「積立NISA」の概要

新設される「積立NISA」は、今は、2017年の国会での成立を目指している段階ですので、順当に進んでも、使えるようになるのは1年先の2018年1月からです。「積立NISA」はわざわざ名前に「積立」と冠されていることから、これまでの現行NISAでは積立できなかったのか?と勘違いしてしまいそうですが、そうではありません。現行NISAでも積立は可能です。

では何が違うのか?「現行NISA」と新設「積立NISA」の違いをまとめてみました。

現行NISAと新設積立NISAの違い

 

「積立NISA」のポイントは

 ・年間投資上限額が40万円、非課税期間20年

 ・投資対象商品は長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託のみ

 ・投資方法は積立のみ

要するには、現行NISAに比べ、年間の投資上限額は3分の1と減額になるが、非課税期間が4倍伸び、投資初心者にわかりやすい商品を選べる環境を整えたということでしょう。すでに投資経験があり、現物株式も組み込みたいという方には少し物足りない制度と感じられるかもしれません。

しかし投資初心者にとっては、特にリスクとの付き合い方である「分散投資」「継続投資」「長期投資」がしやすい制度設計になっていますので、これから将来のために貯めていきたいと考える若い世代(20代~40代)には使い勝手のよい制度と言えそうです。

参考までに20年間積立投資を想定してシミュレーションしてみました。年間40万円の積立枠ということは月額にして約3.3万円まで積み立てができます。例えば月2万円、積立NISAを活用して積み立てた場合、20年間の積立元本は480万円です。仮にこの20年間で2%の複利運用が達成できた場合には110万円殖え590万円になります。通常、運用益には約22万円の税金がかかりますが積立NISA口座によるものですので、非課税で受取ることができます。

現行NISAと積立NISAは将来一本化を検討

今回の税制改正大綱では、現行NISAと積立NISAは併用できず選択制となっているようですが、同時に『複数の制度が並立するNISAの仕組みについて、少額から積立・分散投資に適した制度への一本化を検討する。』と明記されています。現行NISAの投資期間は2023年終了ですので、2023年以降の現行NISAの取扱動向には注目しておく必要があるでしょう。

以上、今回、ご紹介しました「積立NISA」は追加の制度となり、しばらくは「現行NISA」と「ジュニアNISA」の3つの制度が併存し、紛らわしくなるかもしれませんね。しかし「積立NISA」の20年間の非課税期間というのは、素直に良い制度と評価しています。あとは、「現行NISA」「ジュニアNISA」「積立NISA」3つのNISA口座内で商品の預け替え(スイッチング)ができるようになればいいのですが、それは今回の改正には入っていないようです。今後の改善に期待します。

[PR] Soldie公式  家計の見直し相談

家計の見直しを目指している、どの支出から節約していけば良いのか分からない、具体的に今の状況をヒヤリングして、実際に節約できる料金(特に携帯電話や電気、ガス料金)の見直し方法について無料で電話(SkypeやLINE通話)でアドバイスいたします。サービスは一切無料で、特定サービスについて勧誘や営業もありませんので、お気軽にご相談ください。

詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

【Soldie特選記事】

営業マンにも提案されない、住宅購入後の生命保険見直しによる大幅な節約方法とは
2017年春、生命保険料値上げ今年の春より、新たに生命保険に契約する人については値上げすると保険各社から発表がでました。今回、保険料の値上げされる要因は、保険会社が利益として見込む運用益が、この長期に...
それぞれの視点で比べる、NISA口座おすすめ金融機関ベスト3
ここ数年話題になっているNISA(少額投資非課税制度)。NISAとは、NISA口座を開いて株式投資や投資信託を行えば、年間投資金額120万円までは、投資で得られた利益が非課税になる制度です。まだNISA口座を開設して...

【関連コラム】
税制メリットの大きな「NISA」投資、完全指南書
NISAを上手に利用して、税金控除を受けよう!
覚えておきたいNISAの活用で注意するべきポイントとは?
資産運用するならどちら?【確定拠出年金とNISA】を徹底比較