Topページ > 投資・資産運用 > 資産形成は「見切り発車」でOK!『貯金も節約もできない人でもお金が増える方法』を発売!
公開日:2019年5月30日

日本に10名ほどしかいないファンドアナリストが、初心者もズボラさんも月5000円からできる資産運用術を紹介します。

株式会社かんき出版が、『貯金も節約もできない人でもお金が増える方法』(篠田尚子/著) を2019年6月3日より全国の書店・オンライン書店等で発売すると発表しました。

資産投資 『お金を増やす方法』 ふるさと納税

著者の篠田さんは、日本に10名ほどしかいないファンドアナリストということです。

ファンドアナリストとは、まずは「ファンド」を知らなければいけませんね。「ファンド」とは、人からお金を集めて、そのお金を事業や、その他の活動に運用する仕組みを「ファンド」と言います。その「ファンド」を分析・評価をする人が「ファンドアナリスト」です。

日本で「ファンドアナリスト」が少ないのは、日本は銀行や証券会社などの販売会社が多く、評価機関が逆に少なかったこともあるようです。

そんな「ファンドアナリスト」が6月3日に、『貯金も節約もできない人でもお金が増える方法』を発売します。

 

〜〜以下、発表資料より〜〜

 

◆難しいことは抜きにして、この1冊で「お金が増える方法」を知っちゃいましょう!

☑毎月給料はもらっているけど、なぜかお金が貯まらない
☑周りは育児をしたり家を建てたりしているけど、自分がそうできるとは思えない
☑資産形成したほうがいいとは思いつつ、何をしたらいいかわからない
☑趣味があって、何かとお金がかかる
☑チマチマとした節約は性に合わない

……そんなみなさんに、「お金の増やし方の答え」を詰め込んだ1冊を、作りました!

著者は、日本に10名ほどしかいないファンドアナリストで、かつ、自らが多趣味で浪費型人間である篠田尚子氏。
節約ニガテ、浪費型ファンドアナリストである著者は、「お金は使う人ほど増やせます!」と断言します。

本書はお金について詳しくない人たちのために、「ココだけおさえればOK!」というポイントを厳選。目的&年代別のアドバイスのほか、いちばんオトクにお金が増えていく方法を知れるチェックシートも掲載しています。

投資 ふるさと納税 おすすめ
投資 ふるさと納税 おすすめ
投資 ふるさと納税 おすすめ

◆私たちがお金を「増やさないといけない」明確な理由

私たちが資産運用でお金を「増やさないといけない」理由の1つは、「インフレ(インフレーション)」です。
インフレが起きてモノの値段が上がると、今まで買えていたものが同じ金額で買えなくなります。低い金利でただ貯めておくだけでは、インフレが起きたときにお金の価値が事実上目減りしてしまうのです。
これまでは、「インフレ」といわれても、はるか遠い国で起きていることのように感じていた方が多かったと思います。ところが日本も、原材料価格の高騰や人件費の上昇を背景に、現在着実にインフレが進行しています。
代表例は、私たちの生活に密接に関係している食品価格です。乳製品、小麦粉、ペットボトル飲料、食塩、味噌……。一つひとつ挙げていったらキリがありません。
そのほか、電気・ガス料金や、郵便・宅配料金なども上昇しており、こうした流れは今後さらに進む可能性が高いとみられます。お金というのは、タイムカプセルのように、そのままの状態を何十年も維持することができません。つまり、いま頑張って100万円を貯めたとしても、20年後30年後に同じ100万円として使える保証はありません。このように、資産運用をおこなうのは、お金が時の流れに取り残されないようにするためでもあります。

『貯金も節約もできない人でもお金が増える方法』

◆退職後の生活に必要な資産のめやすは、退職時の年収の約7倍

 

投資 ふるさと納税 おすすめ

フィデリティ退職・投資教育研究所『フィデリティの「退職準備の指標」(2018年11月)』の分析結果によると、想定退職年齢を67歳と仮定した場合、退職後の生活に必要な資産のめやすは、退職時の年収の約7倍。退職金がない場合は、約9倍の資産を準備しておく必要があるとのことです。
「そんなの絶対ムリ!」と思った方、どうか落ち着いてください。
「年収の7倍」(フィデリティ退職・投資教育研究所では、この倍率を「年収倍率」と呼んでいます)という金額は、あくまでも退職までに準備すべき「総額」です。現役時代から少しずつ準備を始めていけば、十分に達成できます。
著者はセミナーなどでよく、資産運用にまわす金額のめやすを、ざっくりと「税引き前年収の20%」とご説明しています。しかし、より厳密にいうと、この割合は資産形成を始める年齢によって変わってきます。
早くから資産形成を始めれば、それだけ運用の期間を長く取ることができ、途中で「リーマンショック」のようなマーケットの大きな下落に直面したとしても、十分に挽回できる可能性があるからです。結果的に、年収から資産運用にまわす割合は低くてすみ、それでも老後資金の目標額を十分に達成できます。

投資 ふるさと納税 おすすめ

資産形成で大事なのは「『見切り発車』で構わない」ということです。
資産形成・資産運用に重要な「時間」は、あとからどれだけ悔やんでも戻ってきません。あれこれ悩んでいる時間のほうがよっぽどもったいないと思います。資産形成の第一歩を踏み出すと、お金のモヤモヤが解消され始め、少しずつ目の前の視界が晴れてきます。細かい調整は、資産形成を始めてからでも大丈夫です。

投資 ふるさと納税 おすすめ

巻末には、スマホ片手に口座開設手続きができる巻末ふろく(口座開設手続き集)を掲載しているので、初心者でも簡単です。ぜひお金を増やす仕組み作りをはじめてみてください。

『貯金も節約もできない人でもお金が増える方法』