Topページ > 投資・資産運用 > 【3月8日】本日のビットコイン相場と展望
更新日:2017年3月13日

1BTC=142,849円(bitFlyerの現物価格) 

夕方から徐々に下落し、20時30分ごろ中国大手取引所の先物価格の下落をきっかけに国内取引所のビットコイン価格も下落。144,000円を付けた後は146,000円台まで価格を戻すも再びじり安となりました。ここ数日8時前に大きく売られるのが恒例になっており、8日も8時前に140,811円と7日ぶりの水準まだ下がったところで反発。

8日日中の動き

8日15時: 1BTC=138,280円(bitFlyerの現物価格)

9時台に朝の下落分を取り戻し、昼までは144,000円を挟んだ展開となっていましたが、午後に入り為替が円高方向に動いたのと同時に、ビットコインも急落。13時過ぎに137,804円まで下落。一旦切り返すものの、14時台に入り再び下落し、133,000円と今日の安値を付けました。割安感からかその後15時にかけて買いが入り、15時には140,000円付近での値動きとなっています。

今後の見通し

目先の値下がり目処とされていた、2月9日の安値103,360円から150,000円の21.4%戻しである140,019円をした抜けしたことで、この先のポイントは5日移動平均線の水準まで戻せるかです。戻せた場合は、今週の動きを調整と見て再び150,000円を目指す展開も考えられます。もし戻せない場合、今夜から明日の下値の目安はそしてフィボナッチ38.2%戻しの132,183.52円といったところ。そしてその先は25日移動平均線(下図赤線)がサポートラインとなるかが重要なポイントとなるでしょう(現状25日平均線は2月9日から3月3日高値までのフィボナッチファンの38.2%ラインとほぼ同じライン)。