Topページ > 投資・資産運用 > 【4月26日】本日のビットコイン相場と展望
公開日:2017年4月26日

良好な市場環境を背景に大台の140,000円台回復

昨日の値動き

26日15時

1BTC=143,001円(bitFlyerの現物価格)

25日の夜間は一貫して上昇基調を継続。20時台に大台の140,000円台を回復すると、その後も底堅い動きを続け26日1時ごろ141,000円を突破。そのまま朝まで141,000円台後半での推移となりました。9時を過ぎるとさらに買いが入り、利益確定などの売りをこなしながら143,000円台まで戻しています。さらに、先日からビットコイン市場を賑わせているBitfinexでは1,378ドルまで上昇しており、円換算で150,000円を突破しています。

一方、中国で中央銀行がアルトコインについての売買を停止するという報道が流れ、一時ライトコインなどが大きく売られる場面もありましたが、その後は買戻しが入り落ち着きを見せています。

今後の見通し

地政学リスクの後退と、米国企業の決算発表が後押しとなり、株式市場ではリスクオンムードとなっています。良好な外部環境の影響を受けてビットコイン市場も力強い展開を続けています。

テクニカル的には、ボリンジャーバンドで価格が+2σに到達しており、高値警戒感も出てきていることから、そろそろ上値が重くなりそうなところです。しかし、この環境を背景に、逆に終値ベースで+2σをブレイクした場合は上昇トレンド継続となり、さらに上値を追う形になる可能性も十分にあるでしょう。

また、一方でスケーラビリティ問題について、ここ数日BC派がやや押され気味であることも頭に入れておきましょう。

> 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入ならbitflyer <

ビットコイン価格の決定要因を知り、市場全体を見通そう
値動きが激しいビットコイン価格ですが、最近の乱高下の背景を振り返りながら、価格の見通しと、ビットコイン市場全体の見通しを考えていきたいと思います。

【関連コラム】
営業マンにも提案されない、住宅購入後の生命保険見直しによる大幅な節約方法とは
ふるさと納税でもらえるアウトドア用品、編集部おすすめ五選
国境をまたいだ新通貨【ビットコイン】完全読本
2018年開始の積立型NISAは20年間非課税に、そのポイントと利点とは?