Topページ > 投資・資産運用 > 【4月24日】本日のビットコイン相場と展望
公開日:2017年4月24日

Segwit実行期待からライトコイン価格急騰

週末の値動き

24日15時

1BTC=138,500円(bitFlyerの現物価格)

22日夕方138,000円台で推移していましたが、時間とともに下落。22時台には134,590円と約3%下落しました。その動きとは反対に、仮想通貨の中でも4番目に時価総額の大きいライトコインの価格が上昇しており、LTC/BTCの売買が活発化したのではとの見方もあるようです。ライトコインはビットコイン同様Segwitに対するシグナリングを行っており、直近8064ブロックの投票で75%以上の同意が得られた場合、Segwitを実行することとなっています。週末時点で達成にかなり近づいている期待感からライトコイン価格はこの週末の間に約30%上昇しました。
ビットコインもその後は先週からのBitfinexでの上昇の流れや、ビットコインでのSegwit実行を期待する向きもあって、買戻しが入り結局下落前の価格水準に戻る形となりました。

今後の見通し

前述のようにライトコインでSegwit支持派が多数を占める一方、ビットコインではこの数日間ややBU派に押され気味であり、安心できる状況ではありません。しかし、各市場によくありがちな「マーケットは2つのことを考えられない」というパターンにビットコイン市場もはまっている様子。今の中心テーマはBitfinexの取引規制なのでしょうが、それがいつハードフォーク問題に戻ってくるかはわからないので、ビットコインコミュニティの関心テーマを追いかける必要があります。
週末それなりに大きな動きはあったものの、結局は138,000円に戻ってきていることから、安値圏での買戻しの圧力もあるところですので好材料が揃っているところで134,000円だいにトライしたいところ。しかし、上抜け失敗となると5日平均線を下抜けとなり、調整局面となってしまうかもしれません。

[PR] 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入ならbitflyer

ビットコイン価格の決定要因を知り、市場全体を見通そう
最近のビットコイン価格の乱高下2017年1月、ビットコインの価格が大きく上下に動きました。その原因は、中国のビットコイン取引参加者の動向だと言われています。中国人がビットコインを購入する理由は、中国の人...
お金の正体とは? 石貨とビットコインは同じ仕組みだった!
持ち運びが不可能な石貨はどうやって使ったのか?世界一大きなお金は、ミクロネシアのヤップ島にある石のお金です。大きいものは直径3.6メートルで重さは5トンです。家の中に入れることは出来ませんね。金庫にも...

【関連コラム】
営業マンにも提案されない、住宅購入後の生命保険見直しによる大幅な節約方法とは
ふるさと納税でもらえるアウトドア用品、編集部おすすめ五選
国境をまたいだ新通貨【ビットコイン】完全読本
2018年開始の積立型NISAは20年間非課税に、そのポイントと利点とは?