Topページ > 投資・資産運用 > 【4月20日】本日のビットコイン相場と展望
2017年4月20日

昨日の値動き

20日15時

1BTC=134,380円(bitFlyerの現物価格)

19日夕方以降は膠着状態が続く形。133,000円台前半にぴったり張り付いた形の値動きとなりました。ビットコイン価格が20日朝方まで小幅な値動きを続けた一方、朝8時過ぎにイーサリアムが急落。ETH/USDで大量に売られたらしく、30分ほどで約4%下落しました。その動きと入れ替わるかのように9時過ぎからビットコインが上昇。日中を通して上昇を続け、午後になると134,000円台を回復しました。

ビットコインが堅調な推移を続ける中、イーサリアムの他、リップルも前日比約6%下落しており、アルトコインに大きな動きが出ています。アルトコインの売買は対ビットコインで行われることが多く、特にビットコインと逆相関の動きをすることも多いイーサリアムの動きにも気を付ける必要があるでしょう。

今後の見通し

134,000円台に突入し当然135,000円台を目指す展開となりますが、135,000円を超えると、3月上旬に形成したダブルトップの谷での玉や、先週高値付近でのしこりが残っていることもあり、売り圧力が強まる可能性もありそうなところです。

一方、日足ベースでは25日線が75日線を上抜けるゴールデンクロスを形成。また下図のようにレジスタンスラインの突破も確認され、新たなトレンド形成が期待されるタイミングとなってきました。引き続き5日移動平均線に支えられながらの上昇となるところでしょうか。

[PR] 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入ならbitflyer

ビットコイン価格の決定要因を知り、市場全体を見通そう
値動きが激しいビットコイン価格ですが、最近の乱高下の背景を振り返りながら、価格の見通しと、ビットコイン市場全体の見通しを考えていきたいと思います。
お金の正体とは? 石貨とビットコインは同じ仕組みだった!
いきなりですが、「毎日使っているお金って何ですか?」実は、お金というのは「共同幻想」なのです。お金で、ものやサービスと交換できます。しかし、そのお金の価値って誰が決めたのでしょうか?この価値という...

 

【関連コラム】
営業マンにも提案されない、住宅購入後の生命保険見直しによる大幅な節約方法とは
ふるさと納税でもらえるアウトドア用品、編集部おすすめ五選
国境をまたいだ新通貨【ビットコイン】完全読本
2018年開始の積立型NISAは20年間非課税に、そのポイントと利点とは?