Topページ > 投資・資産運用 > 【4月17日】本日のビットコイン相場と展望
2017年4月17日

週末の値動き

17日9時

1BTC=131,851円(bitFlyerの現物価格)

14日の夕方から小安く推移し130,201円まで下落しましたが、節目の130,000円は下回らず、その後は反転。15日に入ると、終日131,500円を挟んだ展開を続け、ほとんど動きなし。16日に入り133,230円まで上昇したもののその後すぐに推し戻され、131,500円から132,500円までのレンジを推移する形となり、週末全体として小動きという形になりました。

17日日中の動き

17日15時

1BTC=132,039円(bitFlyerの現物価格)

17日午前中は緩やかに下落を続け12時過ぎに131,531円まで下落。とは言うものの午前中の高値と安値の値幅は600円程度と限定的な値動き。午後に入ると、ちょうど午前中の下落分を取り戻すような動きとなり、14時台には132,000円まで回復し、結局、往って来いの形となりました。

今後の見通し

国内発祥の仮想通貨であるモナーコインがSegwitを採用することが決定しました。他にビットコイン以外でもライトコインなどでスケーラビリティに対する対策として、Segwit採用の投票を行っています。他の仮想通貨でのSegwit採用がビットコイン市場にも追い風になると考えられていましたが、今のところあまり影響は出ていない様子です。

値動きとしてはやや煮詰まっている感もあり、この辺で大きく動き始めそうなタイミングとなっています。ただ、ここ3日、上ヒゲをつけており、戻りを試すものの上がり切れないという市場心理が働いている模様。好材料が出れば一気に買いが集まりそうなところです。

【関連コラム】
注目の仮想通貨「ビットコイン」、毎日の相場解説
国境をまたいだ新通貨【ビットコイン】完全読本
新しい投資【ビットコイン投資】、その特徴とリスクを理解しよう
フィンテックブームに潜む影、今起こってる仮想通貨の罠