Topページ > 投資・資産運用 > 【4月12日】本日のビットコイン相場と展望
公開日:2017年4月12日

地政学リスクで動きが取れず引き続き小幅高 

昨日の値動き

12日9時

1BTC=135,300円(bitFlyerの現物価格)

11日の夜はほとんど動きがなく、11日9時の価格と比較しても200円高、夜間の値幅も134,874円から135,880円とほぼ1,000円のレンジでの値動きとなりました。地政学リスクを懸念して、米国株は比較的軟調、特に為替も円高となっていますが、ビットコイン市場はここのところ相関性はないようです。

12日日中の動き

12日15時

1BTC=135,426円(bitFlyerの現物価格)

12日日中も引き続き小動き。9時過ぎに安値135,200円を付けた後は12時前までじわじわ買いが入り、135,800円まで上昇しました。しかし、136,000円台には届かず、その後は再び横ばいに。積極的に上値を目指す展開ではなさそうですが、安いところではしっかり買いが入るというところでしょうか。

今後の見通し

ここ2週間ほど5日移動平均線がしっかりサポートしながら上昇を続けており、今週は、動きは小さいものの小幅高を続けています。

安全資産の金が上昇している一方、前述のとおりビットコインは反応薄と捉えられているようですが、ドル円が109円台に入り、株式市場も軟調な中、値を保っていることを考えると、やはり依然として代替資産的な側面があるということでしょう。

まずは、ここ数日跳ね返されて続けている136,000円が目標となりますが、15日の金日成生誕105周年も控えており、大きな動きはなくこのまま横ばいから小幅高といった動きを続けていくことが予想されます。

 

【関連コラム】
注目の仮想通貨「ビットコイン」、毎日の相場解説
国境をまたいだ新通貨【ビットコイン】完全読本
新しい投資【ビットコイン投資】、その特徴とリスクを理解しよう
2017年、注目すべき新しい投資手法を一挙紹介!