Topページ > 投資・資産運用 > 帝国データバンク、アプリで全国の企業情報を閲覧可能に
公開日:2017年3月23日
全国の企業情報をアプリから簡単に利用可能に

株式会社帝国データバンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤信夫)と株式会社プレインワークス(本社:東京都港区、代表取締役:平野健児)は、業務提携契約を締結し、プレインワークス社が運営する企業情報活用無料アプリである「NOKIZAL(ノキザル)」において「TDB会社情報」の提供を開始したと2017年3月23日に発表した。

帝国データバンク社とプレインワークス社の業務提携は、帝国データバンク社が提供する「TDB会社情報」とプレインワークス社が提供する企業情報活用無料アプリである「NOKIZAL」をデータベースで連携させることで、「NOKIZAL」上から手軽に「TDB会社情報」を購入、閲覧することが可能になったのが特徴である。

従来「TDB会社情報」は、帝国データバンク社のWEBサイトからPC経由で購入しなければ閲覧することができなかったが、「NOKIZAL」との連携によって、iPhoneなどのスマートフォンから購入が可能となった。そのため、スマホを活用する若いビジネスパーソンや就活生などが企業情報収集のために「TDB会社情報」を気軽に活用することができるようになった。

全国の企業情報をアプリから簡単に利用可能に

「NOKIZAL」は、無料かつ登録不要で手軽に利用できる企業情報活用アプリケーション。プレインワークス社が独自に収集した4万社の企業業績情報と約40万社の企業情報及びその関連情報を閲覧できるというもの。今回の提携によって、帝国データバンク社が現地現認を実施した全国全業種の企業情報も無料で検索可能となったという。従来有料提供していたプレミアム機能については、無料のサービスとなり、サービス自体の利便性も向上させた。

全国の企業情報をアプリから簡単に利用可能に
〜関連記事〜
【はじめての株式投資】第1回:これだけは絶対やったらダメなこと
【連載】(前編)富裕層に学ぶ、投資に対する基本的な哲学とは
2017年から投資デビュー、ネット証券選びの5つのポイント
【連載】第1回:投資で損をする人の心理学を学ぼう
バフェットに学ぶ「お金の教育」の大切さ