Topページ > 投資・資産運用 > GMOクリック証券、2017年2月のCFD売買代金ランキングを発表
公開日:2017年3月8日
2017年2月CFD売買代金ランキングを発表

GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社は、2017年2月のCFD売買代金ランキングを発表した。

ランキングでは、前月に引き続き「日本225」が首位。「原油」、「米国30」がその後に続いた。また、バラエティCFDランキングでは、4ヵ月連続「米国VI」が首位となり、外国株CFDランキングでは、新オフィス「アップル・パーク」への移転や米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が今年に入り追加で株式を購入したことなどで話題の「Apple」が首位となっている。

GMOクリック証券株式会社CFD取引銘柄の売買代金ランキングは、以下の通り。

2017年2月CFD売買代金ランキングを発表

※ CFDとは、為替や株式、株価指数、原油や金などのさまざまな商品に投資する金融商品のこと。FXもCFDの一部。

~関連記事~
【頼藤太希のFX基礎講座】第1回:FXの基本のき
【連載】投資で損をする人の心理学を学ぼう
資産運用するなら把握しておきたい、リスクとリターンの関係とは
【連載】(前編)富裕層に学ぶ、投資に対する基本的な哲学とは