Topページ > 投資・資産運用 > ストックポイント、株価連動ポイントサービスを提供へ
公開日:2017年2月28日
『いつの間にか株主に!』世界初。株価連動ポイント管理サービスを開発。

STOCK POINT(ストックポイント)株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:土屋清美)は、株価に連動したポイント管理サービスの提供した。

ストックポイントは株価に連動してポイント数が変わるなど従来のポイントサイトとは一線を画す仕組みを用いているのが特徴だ。例えば、Aという会社のドリンクを購入することで100ストックポイントが付与される。この100ポイントはA社の株価が上がれば増え、下がれば減るという仕組みである。さらにA社のポイントを一定数貯め、株式の交換を申請するとA社の株主になることができるというものである。

同社はこのポイントサービスについて、実際にポイントを株式と交換せずとも、そもそも付与されたポイントが株価によって増減する仕組みであるため、消費者が普段なじみのない株価や企業の価値についての興味を持つきっかけとなるもの、ポイントを貯めていく過程で株主体験をすることができるものとしている。
なお、このサービスは2017年7月より提供する予定だ。
~関連記事~
お釣りを投資に回せるアプリが登場、果たしてお金は増えるのか
2017年から投資デビュー、ネット証券選びの5つのポイント
「貯蓄から投資へ」現行NISAの課題と積立NISAに期待すべき点はなにか?
新しい投資手法ソーシャルレンディングのリスクとは?
投資をはじめるならNISAがお薦め、NISA制度のメリットは?

 

~以下、発表資料より~

お客様は、当社が発行する、株価に連動して価値が変化するポイントであるストックポイント(以下SP)を貯めると、SPスポンサー企業様の株式と交換することができます。SPはスポンサー企業様の販売促進、マーケティング活動を通じて配布されます。お客様はSPを貯めていく過程で疑似的な株主体験ができることになります。

当社は、ブロックチェーンなどFintech(フィンテック)技術をベースにしたシステムで、SPの発行及び管理を行います。そして、SPの発行を通じて企業様とそのお客様の新たな価値共創の関係づくりの基盤をご提供するとともに、一般生活者が自己資金なしで、通常の消費をしているといつの間にか株主になるという、株式による資産形成を身近なものとすることを実現してまいります。なお、本案件については、Fintechサービスを展開する大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊)との連携をはじめ、他の企業様とも協業を図り事業の拡大を目指します。

『いつの間にか株主に!』世界初。株価連動ポイント管理サービスを開発。

URL: http://www.stockpoint.co.jp/
関連資料のダウンロード
◇サービス紹介動画  https://www.stockpoint.co.jp/movie/sp-intro.mov
◇技術紹介資料・サービス概要資料 https://www.stockpoint.co.jp/pdf/20170227_press-release.zip