Topページ > 投資・資産運用 > 進学会 <9760>塾だけでなくスポーツクラブまでお得な株主優待
公開日:2017年2月7日

難しいイメージのある株の運用ですが、配当金だけではなく株主優待を目的とした投資にも注目が集まっています。サラリーマンや主婦でも利用する人が増えており、普段利用している会社の商品やよく使うサービスの優待券がもらえる株主優待等、選び方は様々です。今回は、学習塾とスポーツクラブを運営する進学会に投資してもらえる株主優待についてご紹介します。

はじめに

進学会は、全国展開している学習塾とスポーツクラブの経営を主としており、コンピュータ教育システムの開発等、教育関連事業の多角化を進めている企業です。株主優待は、進学会が運営している学習塾とスポーツクラブで使用出来る3000円相当の優待券です。有効期限は、翌年の6月末までとなっており、小中高生はもちろん1歳から参加出来るキッズクラブや特別英才コースがあるのでお子様がいる家庭におすすめな優待です。

お得な株主優待

株主優待を目的とした株式投資は、投資の楽しみ方のひとつとして人気があります。手元に余っているお金を応援したい企業や成長しそうな企業に投資すると、そのお金をもとに運営して出た利益からその企業の商品や特典によってお礼してもらえるというものです。成長すれば投資したお金以上の配当金ももらえて、お礼の品ももらえるかなりお得な投資です。株について初心者でも、株主優待を目的とした株式投資ならお得に楽しく運営出来ます。

銘柄基本情報

権利確定月 3月 優待回数 年1回
株価 563円 単元株数 100株
必要投資資金額 56,300円

※2017年2月1日調べ

進学会の株主優待の権利確定月と決算期は、3月です。他の株にも多く見られる動ですが、権利確定月と決算期に向けて進学会の株価は11月から上昇しています。直近3ヶ月のチャートを詳しく見てみると、1月上旬がピークになっており、その後2月現在まで上昇傾向ながらも細かく変動を繰り返しています。11月からの上昇に合わせて売りの動きも見られますが、大きな下落は見られません。前年の値動きを見ても3月末まで上昇傾向となっているので今年も3月までの上昇が見込まれます。

優待配当利回り情報

配当(1株) 15円 配当利回り 2.66%
優待の価値 3,000円分 優待利回り 5.32%
トータル利回り 7.98%

 

※2017年2月1日調べ

株主優待と配当を足した利回りは、7.98%で他の銘柄と比較すると高めでお得です。必要投資金額も56,300円と投資しやすい価格であることも魅力です。ただ、優待自体が学習塾とスポーツクラブ対象となっているので、子供が居る家庭でしか使えないことが多く、スポーツクラブも3施設しかないので利用出来る人は限られます。近隣に施設がある人やお子様が居る家庭にはおすすめしたい株主優待です。

株主優待の内容紹介

進学会の株主優待は、100株以上で3,000円分の優待券となっています。全国に約313会場ある学習塾と、札幌市内にある3か所のスポーツクラブの会計で割引券として使用出来ます。使用期限は、発行された翌年の6月末まで、一人当たりの期間内の利用上限金額は15,000円分までとなっています。3,000円分の割引券は1枚あたり500円分の6枚に分かれておりスポーツクラブの利用でも使いやすくなっています。学習塾を利用するお子様が居る家庭やスポーツクラブに通いやすい場所にお住まいの方ならありがたい株主優待です。

まとめ

60,000円前後の投資で割引券3,000円分の株主優待がもらえて、普段利用する学習塾やスポーツクラブの会計の割引に使えるのでお得な株主優待です。割引券は、1枚500円分の6枚に分かれているので普段スポーツクラブに行かない人でも気になるレッスンを受けたり、会社帰りに体を動かしたりと気軽に使えます。全国に313会場ある学習塾の会計にも使えるのでお子様が居る家庭には特におすすめです。割引券によくある「〇〇〇円以上の会計で1枚使用可能」というような決まりも無いので手持ちの割引券全額を一回の会計から引くことが出来ます。ただし、一人15,000円分が上限となっていますので注意が必要です。

【株主優待に関する関連記事】
2017年事始め、株主優待を賢く受け取る方法とは? 
めざせ株主優待生活!申込ポイントや注意点を解説 
知って得する!株主優待の魅力と銘柄選びのポイント