Topページ > 投資・資産運用 > リソルホールディングス(5261)株主優待、健康維持にも株主優待でお得に楽しもう
公開日:2017年2月26日
更新日:2017年3月8日

リソルホールディングスの株主優待は年に2回、ライフサポート倶楽部会員カードとRESOLファミリー商品券が貰えてお得です。そんなリソルホールディングスの株主優待をご紹介いたします。

株主優待 リソルホールディングス

はじめに

リソルホールディングスはホテルやゴルフ場の運営、不動産開発、不動産の仲介と売買等、そして福利厚生業務を行っているリソルグループの持株会社です。2016年10月から純粋持株会社化をしており、リゾートソリューション株式会社からリソルホールディングス株式会社へ商号を変更しています。リソルの株主優待はライフサポート倶楽部会員カードの多彩なメニューから選べる会員限定の優待と様々な場所で使えるファミリー商品券があります。リソル運営のゴルフ場やホテル、ショッピングをする際やスクールの割引など沢山の用途があって魅力満載です。

お得な株主優待

株主になると「株主優待」という嬉しい特典がつきます。株を買った会社の製品や商品券、割引券などが年2回もしくは年に1回もらえる制度です。業界も様々ですので色んな特典がついていて優待を貰うのが楽しみになります。株主優待は株投資を始める時の銘柄を選ぶ際のポイントにもなります。賢く運用できれば株主優待で貰った商品券などを活用して生活費などの節約もできてお得です。

銘柄基本情報

権利確定月 3月・9月 優待回数 年2回
株価 351円 単元株数 1,000株
必要投資資金額 351,000円

※2017年2月21 日調べ

昨年10月1日からの純粋持株会社体制へ移行、リソルホールディングスへ社名変更後、株価が少しづつ上昇し続け2017年2月21現在の株価は351円の高値を記録しています。

優待配当利回り情報

配当(1株) 10円(2回分) 配当利回り 2.8%
優待の価値 24,000円分(2回分) 優待利回り 6.8%
トータル利回り 9.6%

※2017年2月21日調べ

配当利回りと優待利回りを足すと9.6%のトータル利回りで他の銘柄と比較するとお得です。配当金も28年4月1日から1株3円から5円に上がっています。

株主優待の内容紹介

リソルホールディングスの株主優待は1000株以上の保有で(1)「ライフサポート倶楽部 会員カード(株主会員様優待カード)」と(2)「RESOLファミリー商品券」が年2回貰えます。株主優待カードは会員特別料金で全国のリゾート施設を利用できたり、暮らしに役立つ生活メニューを使用できます。RESOLファミリー商品券はリソルグループが運営する施設で利用可です。1枚2000円分商品券を6枚、年間で24,000円分も使えます。宿泊施設やゴルフ場、プールやテニス、ジョギングなどの健康増進メニューで使用したり、リゾートのダイビングやクルージング、そしてショッピングやレストラン、アロマリラクゼーションなど色んな用途に利用できます。

(1)ライフサポート倶楽部 会員カード

利用できる内容の詳細については株主優待専用ホームページで確認できます

(2)RESOLファミリー商品券

保有株式数 商品券(2000円分/1枚)
1000株以上3000株未満 6枚/1回(12,000円分)
3000株以上5000株未満 9枚/1回(18,000円分)
50000株以上 10枚/1回(20,000円分)

※優待商品の発送時期は、3月末日の権利確定日分は7月に発送、9月末日分は翌年1月に発送されます

まとめ

リソルホールディングスは外国人などの集客によりホテル事業が好調。2016年から大学連携型CCRC事業を進めていて完成すれば日本初の大学連携型となり注目されています。CO2の削減や再生可能エネルギーの利用、売電などで更に収益増を目指しており、配当金も3円から5円にアップしています。単元株数が1,000株ですので必要投資金額がお高めに見えますが、年間の24,000円分の商品券に加えてライフサポート倶楽部会員カードの割引があり優待利回りは高めです。会員限定割引が使えるメニューも様々で豊富ですので旅行やレジャー、ショッピングなどが好きな方にはお得に株主優待を活用できます。

【株主優待に関する関連記事】
2017年事始め、株主優待を賢く受け取る方法とは? 
めざせ株主優待生活!申込ポイントや注意点を解説 
知って得する!株主優待の魅力と銘柄選びのポイント