Topページ > 投資・資産運用 > JR東日本(9020)の株主優待で、お得な新幹線料金の割引券をゲット
更新日:2017年3月13日

JR東日本の株主優待をご紹介します。JR東日本では、運賃の割引優待券と、運営している各サービスの割引券を配布しています。割引優待券はJR東日本の営業範囲内であることなど、制限がありますが、上手く使えば運賃を安くすることができます。

株主優待 JR

はじめに

JR東日本-東日本旅客鉄道は、本州において関東以北の地域をカバーしている旅客鉄道会社です。元々郵便局などと同様に国有企業でしたが、1987年に民営化に伴い分割され、東日本旅客鉄道として再スタートしました。配当金はコンスタントに出しており、ここ数年は上昇傾向にあります。株主優待も設定されてから長く運用されており、運賃や料金を割引することができる優待割引券と、関連サービスを割引で利用できる、株主サービス券がもらえます。

お得な株主優待

JR東日本の株主優待は、運賃や料金が割引になる株主優待割引券と、JR東日本が運営している各施設の株主サービス券が送られてきます。株主優待割引券は、JR東日本の営業路線内の片道の特急券、急行券、グリーン券及び座席指定券について、20%の割引となります。100株以上100株ごとに1枚、100,000株以上500枚が上限です。株主サービス券は、ホテルやレストランバー、カフェのドリンク割引、車内のコーヒー販売、スキー場のリフト券やレンタル料金割引があります。よくこれらを利用する人であれば、JR東日本の株保有はおすすめです。

銘柄基本情報

権利確定月 3月 優待回数 年1回
株価 10,155円 単元株数 100株
必要投資資金額 1,015,500円

※2017年2月28日調べ

JR東日本の株価は、約2年ほどのサイクルで上下を繰り返しており、同じサイクルが続くのであれば、2017年は上昇に転じそうです。2017年に入ってからは10,000円~10,500円でのボックス相場となっています。2月7日に一瞬、10,000円を割り込みました。この日は、日本株が全体的に下げたので、適切な株価に戻すべく、すぐに10,000円台に復帰しました。1年以上の長いスパンでチャートを見ると、順調に右肩上がりで昇っているので、長期保有する場合は良いでしょう。また、株主優待目当ての保有であれば、100株よりも200株合った方が、往復で運賃の割引を受けることができるので、おすすめです。

優待配当利回り情報

配当(1株) 130円 配当利回り 1.28%
優待の価値 4,204円相当 優待利回り 0.40%
トータル利回り 1.68%

※優待の価値:4,204円東京―秋田間で新幹線・グリーン車を利用した場合)
※2017年2月28日調べ

JR東日本の配当利回りは1.28%で、同業であるJR各社の中では可も不可もなく、といったところです。株主優待では、運賃料金割引券を100株毎に1枚配布されます。単元株は100株で、最低投資金額は100万円を超えていますから、100株で2割引き券が1枚というのは、少し寂しい感じもします。それもそのはず、JR西日本やJR九州では、割引率は5割なのです。新幹線の料金も半額になるため、使ってお得な優待券なのですが、JR東日本では残念ながら2割のため、使い方に工夫が必要です。また、JR東日本では、株主サービス券として、ホテルやレストラン・バー、コーヒー割引券やスキー場のリフト割引券など、8種類の施設で使える割引券ももらえます。

株主優待の内容紹介

株主優待割引券は運賃・料金の割引に使えますが、定期券や回数券には使えません。そのため、使い方に工夫が必要となります。JR東日本の営業範囲内までしか割引にならないため、他の鉄道会社をまたぐのは避けた方が良いでしょう。一番割引率を高く使えるのは、新幹線のグリーン車を使う方法です。

東北地方に行く場合だと、東京―秋田間、東京―新青森間など、グリーン車を使って20,000円を超えるような金額であれば、圧倒的にお得です。例えば、東京―秋田間でグリーン車を利用した場合、通常は21,020円のところを、株主優待割引券を使用すれば、16,816円で利用することができるので、4204円の割引となります。

株主優待割引券

優待必要株数 優待内容 発生月
100株以上 100株ごとに1枚 3月
1,000株超 10枚+ 1,000株超過分200株ごとに1枚
10,000株超 55枚+10,000株超過分300株ごとに1枚
20,000株以上 100枚
50,000株以上 250枚
100,000株以上 500枚

株主サービス券

種類 配付枚数 発生月
宿泊20%割引券 3枚 3月
宿泊10%割引券 3枚
レストラン・バー割引券 3枚
GALA湯沢スキー場 リフト割引券 3枚
GALA湯沢スキー場 レンタル料金割引券 3枚
リラクゼ 料金割引券 3枚
車内販売 コーヒー割引券 3枚
ベックスコーヒーショップ・ベッカーズ ドリンク割引券 3枚

まとめ

JR東日本の株主優待ですが、20,000円以上の料金で新幹線移動するような予定があれば、効力を遺憾なく発揮できるでしょう。あまり近距離だと、回数券などで代替できてしまうため、うまみが少なくなってしまいます。また、株主サービス券も、全てを使い切ることはできないと思われるので、いくつかをピックアップして使うということになりそうです。リラクゼの割引とベックスコーヒーショップの組合せなら比較的使いやすいでしょう。どうしても物足りなく感じてしまうのは、他のJR各社の株主優待が非常にコスパの良い内容だからです。優待内容のデメリットを把握しつつJR東日本のサービスを使う機会が多い方であれば、おすすめ株だと言えます。

【Soldieを購読する場合はこちら
follow us in feedly

【株主優待に関する関連記事】
2017年事始め、株主優待を賢く受け取る方法とは? 
めざせ株主優待生活!申込ポイントや注意点を解説 
知って得する!株主優待の魅力と銘柄選びのポイント