Topページ > 投資・資産運用 > ビットコイン価格の決定要因を知り、市場全体を見通そう
公開日:2017年2月1日
更新日:2017年4月20日

値動きが激しいビットコイン価格ですが、最近の乱高下の背景を振り返りながら、価格の見通しと、ビットコイン市場全体の見通しを考えていきたいと思います。

最近のビットコイン価格の乱高下

2017年1月、ビットコインの価格が大きく上下に動きました。その原因は、中国のビットコイン取引参加者の動向だと言われています。

中国人がビットコインを購入する理由は、中国の人民元からの逃避だと考えられています。中国の外貨準備高は2014年に3兆9932億ドルまで増えたものの、その後一気に減少し、2016年末の時点では3兆105億ドルまで減少しています。中国国内の銀行でもドルの現金がなく中国元からドルへの両替が制限されており、中国人の人民元に対する不安をあおる一因となっています。不安になった中国人はさらに人民元を売却し、ドルなど信用力の高い通貨に両替しようとします。その結果、2016年の1年間で人民元はドルに対し6%値下がりしてしまいました。中国政府としては当然この状況を黙って見ているわけにはいかないため、海外送金などの規制を打ち出してきました。しかし、その規制が一層中国人の不安をあおり、中国からの資金の流出につながっています。

この資金流出の手段の一つとして利用されているのがビットコインです。ビットコインを購入することで簡単に海外送金できるので、中国である程度の資産を持つ層が海外に資産を逃がすためにビットコインの取引を行ったのです。

2017年の年明けにビットコイン価格が一気に高騰したのは、こうした背景があったためです。しかし、ビットコイン価格はその直後8万円台まで下落しました。その原因の発端は、中国当局が人民元の対ドル基準値を前日比0.93%引き上げたことです。人民元が急速に高騰し、それと反比例する形でビットコイン価格は急落しました。さらには、中国当局が、中国国内の大手取引所に対し検査に入ったという表明があり、ビットコイン価格の下落に拍車をかけることとなったのです。今後も資金流出を防ぎたい中国当局としては、今後もビットコインの取引に規制をかけていくことも予想されます。

また、中国の大手取引所ではビットコインの売買に0.2%の取引手数料がかかる制度を導入しました。このことによりビットコインの取引量は大きく落ち込んでいます。(図1)

中国によるビットコインブームの終息後

しかし、短期的にはこの乱高下を懸念する一方で、中国の一時的なブームになってしまっていたビットコイン取引が徐々に安定的な推移へと変わっていることを示唆していると見る向きもあり、ビットコインの将来性にはむしろプラスであると考えられます。現に、取引手数料が導入され、取引量が大きく減少した1月23日以降、ビットコイン価格はむしろ堅調に推移しています。過熱感が後退したこの先、ビットコイン価格は更なる仮想通貨の普及を背景に、緩やかな上昇を続けることになりそうです。

ビットコイン市場の見通し

図2は流通しているビットコインの時価総額です。2013年の末から中国政府による金融機関取扱禁止の発表やMt.GOX社の問題などによりビットコイン価格の急落とともに時価総額は大きく下落する場面もありました。しかし、その後はビットコイン価格の反発と、ビットコインの採掘(マイニングと呼ばれる作業により、ビットコインを新たに生み出すこと)により、ビットコインの時価総額は増加を続けています。中国の規制による価格の下落も一時的なものであり、それまでの高騰が一時的なものであると考えれば、今後もビットコイン市場は拡大していくと考えられます。

改正資金決済法の影響

日本国内でのビットコイン市場を考えると。2016年5月25日に改正資金決済法が成立し、2017年の5月までに施行することとなりました。この資金決済法の改正によっておこる影響は以下の2つです。

①決済手段の一つとして国に認められる

②仮想通貨交換業者は登録制

①について、今まで法律上、決済手段としての通貨は日銀が発行するものしかありませんでしたが、新たにビットコインなどの仮想通貨が加わったのです。このことにより、新たに仮想通貨が普及するきっかけにもなり得ますし、仮想通貨を利用することができる場面も増えてくるでしょう。また、銀行や証券会社でも取り扱うことが考えられ、実際に仮想通貨の取り扱いを検討、実現に向けた試験に着手している金融機関も出てきています。

また②についてですが、仮想通貨取引所は当局の登録を受けなければならなくなります、資金決済法に定められた要件を満たさなければ登録できないことになり、安全性や透明性がより担保されやすくなり、何も保護されてない現状よりは良い状況になるといえます。

まとめ

中国による過熱感のあったビットコイン市場がようやく落ち着きを取り戻しつつある中、法改正により、ビットコインの価格の上昇、市場規模の拡大が期待されます。今後もビットコインの動きに目が離せない展開となりそうです。

> 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入ならbitflyer <

 

【関連コラム】
注目の仮想通貨「ビットコイン」、毎日の相場解説
ビットコイン取引の基本を知ろう〜口座の開設と各取引所の比較 〜
2017年、注目すべき新しい投資手法を一挙紹介!
注目の新しい投資手法、ソーシャルレンディングとは?