Topページ > 投資・資産運用 > 新しい投資【ビットコイン投資】、その特徴とリスクを理解しよう
更新日:2017年3月22日

2017年初、ビットコインの価格は乱高下しましたが、長期的に見るとビットコインが世界に浸透し、投資商品としての価値が拡大していく可能性が大いにあります。この記事では、ビットコイン投資の始めるにあたり、知っておきたい基本事項・特徴をお伝えします。

ビットコイン投資を始めるには

ビットコインは取引所(購入サイト)で購入します。取引所(購入サイト)株で言えば証券会社のようなものです。現在日本だと、Bitflyerはじめ複数取引所があります。証券口座を開設するのと同じように、取引所でアカウントを作成し取引を開始します。「取引所」と言ってきましたが、ビットコインの購入方法は「取引所(交換所)」で買う方法と、「販売所」で買う方法の2種類の方法があります。取引所で買う場合は、通常の株の購入と同様、ビットコインの所有者からビットコインを買うことになります。販売所での取引は、販売所自体が取引相手となり、販売所からビットコインを買います。株で言うと店頭取引で証券会社から直接買うのと同じ仕組みです。国内の購入サイトのうち、取引所はほぼすべての購入サイトにありますが、販売所はすべての購入サイトにあるわけではありません。また、代金は銀行口座から入金するかクレジットカードで支払うことができます。

〜ビットコインの概要を知ろう〜

ビットコインが過去最高値に、その背景と将来の要因に迫る

2017年、注目すべき新しい投資手法を一挙紹介!

ビットコイン投資の特徴

ビットコイン投資を以下にあげましょう。貨幣と同じ、元々から投資を目的としたものではないのでメリットだけではなく、リスクも存在します。

少額からの投資が可能

昨今、金融商品の証券化・小口化進んでいます。それにより、今まで個人投資家がなかなか参入できなかった商品にも投資することができるようになってきています。ビットコインは特に少額からの投資が可能になっています。取引所によって違いはあるものの、数百円という少ない資金で投資を行うことができます。2017年1月16日現在ビットコインの価格は9万円を超えてしまってはいますが、1ビットコインからしか買えないわけではなく、0.001や0.0001ビットコインなどの単位で購入することができるので、余裕資金で始めたり、試しに少ない金額から始めてみたりなど、間口は広くなっています。

365日24時間投資が可能

他の投資商品にはない、ビットコインの最大の特徴は、365日休みなく取引ができるということでしょう。国内の証券取引所で行う株の取引は平日の日中しか行うことができません。FXは24時間取引を行うことができますが、土日は取引できません。ところがビットコインは24時間土日を含めた365日取引を行うことができます。会社員の方など、平日になかなか取引を行うことができないという場合でも、休日にパソコンに向かってじっくり取引を行うことができます。

値動き幅が大きい

ビットコインは他の投資商品と比べ値動きが大きくなっています。下の図はビットコイン価格と日経平均株価の前日比率の推移を示したグラフです。ビットコイン価格は上下の振れ幅が大きく1日で10%超価格が動くこともあります。値動きの大きいということは、リターンもリスクも大きいことを最初から意識しておく必要があります。

証拠金取引でレバレッジがかけられる

ビットコイン取引は信用取引やFXと同様、証拠金を預けて売り建てることもできます。先ほど述べたように振れ幅が大きいということは下落方向にも大きいわけで、下落局面で指をくわえて見ているだけではなく、臨機応変に利益を得るチャンスが用意されていますが、こちらも値動きが大きいためによりリターン・リスクが大きいといえます。

ビットコイン特有のリスクがある

ビットコイン特有のリスクとは取引所のトラブルの問題です。2014年、当時世界最大の取引所だったMt.Gox社が経営破たんする事件が起きました。当初はビットコインが奪われたという話でしたが、のちに業務上横領だったことがわかりました。また、2016年に香港のビットフィネックスという取引所でビットコインが盗難されました。このような事件が起きるたびにビットコインの価格は一時的とはいえ急落してしまいます。さらには自分が持っているビットコインが盗難に遭う可能性もあります。これらは、信用できる取引所を選ぶことやオンライン以外のウォレットで管理することでリスクを低減することができます。

また、日本円やアメリカドルについては国が信用を担保しているのに対し、ビットコインはその信用を保証してくれる機関はありません。ビットコインが存在し、取引されているということだけが信用ということになりますので、なにかが発生した場合その価値を担保する元がありません。その点は、投資だけでなく貨幣の価値ということで十分に認識しておくことが必要です。

まとめ

これまでにない新しい投資商品ということもあり、ビットコインならではの特徴が多かったと思います。ビットコイン投資における基本的な特徴やリスクをしっかり押さえて、来たるべき仮想通貨時代を有利に迎えましょう。

日本最大級のビットコイン取引所「Bitflyer」の詳細

【関連コラム】
注目の仮想通貨「ビットコイン」、毎日の相場解説
ビットコイン取引の基本を知ろう〜口座の開設と各取引所の比較 〜
2017年、注目すべき新しい投資手法を一挙紹介!
注目の新しい投資手法、ソーシャルレンディングとは?