Topページ > 納税 > 2018年に「ふるさと納税」をした人は2割弱
更新日:2019年3月5日

ふるさと納税を利用した人は2割と発表しました

株式会社ジャストシステムが、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年1月度)』の結果で、ふるさと納税を利用した人は2割と発表しました。

「ワンストップ特例制度」など、ふるさと納税で税金控除がより簡単になったのにもかかわらず、そもそも何がお得なのかわからない、面倒くさそうなど先入観で見送ることも多そうですね。

ふるさと納税でおトクに「節税」!今や、大人気のふるさと納税。誰でもできるお得な節税対策になりつつあります。「お得なのはわかるけど、なんとなく難しそう」というイメージで、躊躇している人には朗報です!...
ふるさと納税「お米」は人気ふるさと納税で、お米はダントツの人気返礼品。パンや麺などに押されつつあるものの、日本人にとってお米は欠かせない毎日の主食。普段の買い物でも荷物になって大変なお米。安価なブ...
ふるさと納税で商品券がお得ふるさと納税では、商品券や宿泊券、感謝券を返礼品として用意している自治体があります。この記事では、そのふるさと納税でうけとれる商品券をすべてまとめていきます。商品券の中に...

〜〜以下、発表資料より〜〜

■2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱。前年より増加

2018年にふるさと納税をした人は16.1%で、2017年(2017年12月度調査:13.4%)より2.7ポイント増加しました

年代別で見ると10代(12.0%)、20代(21.0%)、30代(18.0%)、40代(13.5%)、50代(18.5%)、60代(11.5%)と、20代が他の年代に比べて高い結果となりました。また、これまでにふるさと納税をした経験がある人の割合も、10代(19.0%)、20代(28.0%)、30代(22.5%)、40代(16.0%)、50代(23.5%)、60代(17.5%)と20代が最も高く、他の年代に比べてふるさと納税に積極的であることがわかりました。

■「ふるさと納税」の申し込みは、7割以上が「ポータルサイトやアプリ」を利用

これまでにふるさと納税をした経験がある人に、利用した申込方法を聞いたところ、「ふるさと納税ポータルサイト・アプリ」と答えた人が最も多く(75.2%)、次いで「自治体のホームページ」(26.5%)、「自治体に直接郵送やFAX、メールなど」(18.4%)でした。

2017年12月度調査と比較してみると、「ふるさと納税ポータルサイト・アプリ」(2017年12月度調査:67.5%)を活用する人が増加しました※。
※複数回答あり。

■約半数に「ワンストップ特例制度」の利用経験

これまでにふるさと納税をした経験がある人のうち、「ワンストップ特例制度を利用したことがある」人は51.3%、「制度は知っているが、利用したことはない」人は37.6%、「制度自体を知らない」人は11.1%でした。

■出品時、CtoCサービスを選ぶ基準は「利用者の多さ」

CtoCサービスを利用した経験がある人のうち、「出品を頻繁にする」人は19.9%、「ときどきする」人は48.7%で、あわせて68.6%の人に出品経験がありました。

また、出品するサービスを選ぶ際に重視する点として最も多くの人から挙がったのは「サービス利用者数の多さ」(51.3%)、「取引手数料」(47.1%)、「アプリの使いやすさ」(42.9%)でした※。
※複数回答あり。

ふるさと納税の「家電」返礼品自治体によっては、ふるさと納税の返礼品でお肉や野菜などの特産品以外にも、その地域で製造されている家電、掃除機やパソコン、炊飯器などを受け取れることができます。単価が高い...
ふるさと納税で「家電」を受け取るふるさと納税では、家電の返礼品は、高所得者に人気があります。理由は、寄付金額が高額なため一度でたくさんの寄付ができること、ソニーや、象印、アイリスオーヤマなどメジャ...