Topページ > 納税 > 【2017年11月】「ふるさと納税」ソニーの家電返礼品をまとめてみた
更新日:2017年11月9日

ふるさと納税で人気のある「家電」の返礼品。今回はその中で、ソニー製の「家電」返礼品に焦点をあてて紹介します。

ふるさと納税 ソニー 人気 ランキング 家電

目次

ふるさと納税のソニーの返礼品をまとめてみた

家電長野県多賀城市にはソニーの工場があることもあり、ソニー製の家電がふるさと納税に沢山出品されています。そのソニー製の家電をジャンルごとにわけて一気に紹介します。還元率も推定実売価格を元に算出しているので、寄付するときの参考になれば幸いです。それでは見ていきましょう。

ソニー・デジタルビデオカメラ

ソニーのビデオカメラの強みはなんといっても手ブレ補正です。あとセンサー機能と、ZEISSレンズが良いところです。また、放送用カメラなどを作成していることもあり、耐久性も高いです。

ソニーデジタル4Kビデオカメラ 「FDR-AX100」

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー

こちらは、4K対応のビデオカメラです。高機能のZEISSのレンズを採用していてとても鮮明に撮影することもできます。また、手ブレはもちろんのことながら、オートフォーカスも早く、子供の運動会でもすぐにピントを合わせられるところが良いです。

寄付金額:440,000円
内容:ソニーデジタル4Kビデオカメラ FDR-AX100
推定実売価格:153,600円
還元率:34.9%

FDR-AX100の詳細はこちら

ソニーデジタルHDビデオカメラ「HDR-PJ680(TI)」

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー

こちらはプロジェクターが内容されていて、取った映像をすぐにみんなで観ることができます。暗い場所で見なきゃと思われがちですが、こちらのプロジェクターは明るい部屋でも見ることができます。

寄付金額:200,000円
内容:ソニーデジタルHDビデオカメラHDR-PJ680(TI)
推定実売価格:53,000円
還元率:26.5%

HDR-PJ680(TI)の詳細はこちら

デジタルカメラ

光学30倍ズーム「DSC-HX90V」

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー

ファインダーは有機ELを採用し晴れた屋外でも液晶画面がとても見やすいです。また、コンパクト光学30倍ズームレンズで望遠720mmまで撮影することができます。そして手ブレをジャイロセンサーとアルゴリズムで補正する「光学式手ぶれ補正」と高速AF「ファストインテリジェントAF」を搭載しているのでちょっとした映像でもとても楽しめますね。

寄付金額:120,000円
内容:DSC-HX90V
推定実売価格:45,000円
還元率:37.5%

DSC-HX90Vの詳細はこちら

チルト液晶で自撮りが楽「DSC-WX500/B」

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー

「DSC-HX90V」の下位互換がこの「DSC-WX500/B」です。こちらも30倍ズームのZeissレンズを搭載しています。上位機種との大きな違いはポップファインダーが無いことで、その分シンプルにスッキリなデザインになっています。

寄付金額:100,000円
内容:DSC-WX500/B
推定実売価格:33,300円
還元率:33.3%

DSC-WX500/Bの詳細はこちら

超高速AFと連射「DSC-RX100M5」

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー

こちらは、RX100シリーズの5代目なハイエンドコンパクトデジタルカメラです。ハイエンドなハイエンドなりのセンサーを搭載し、マクロや望遠などでも、とても綺麗に撮影できます。また、高速AFや、高速連写により、撮影するまでの時間短縮にもなってストレスなく撮影できます。

寄付金額:280,000円
内容:DSC-RX100M5
推定実売価格:99,400円
還元率:35.5%

DSC-RX100M5の詳細はこちら

ブルーレイディスクレコーダー

3番組同時録画が可能、SeeQVault対応「BDZ-ZT2500」

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー

こちらのブルーレイディスクレコーダーは、3番組同時録画/外付けHDD・SeeQVault対応/ハイレゾ対応/4Kカメラ動画取りこみ対応、無線LAN内蔵モデルで、2TBの内蔵メモリを搭載しています。SeeQVaultに対応しているので、外付けHDDに録画した映像は、他にSeeQVaultを対応したディスクレコーダーで観ることができます。

寄付金額:200,000円
内容:BDZ-ZT2500
推定実売価格:66,000円
還元率:33.0%

BDZ-ZT2500の詳細はこちら

3番組同時録画が可能、4K動画も直接取り込めて、無線LANも内蔵「BDZ-ZT1500」

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー

さきほど紹介した「BDZ-ZT2500」下位モデルです。3番組同時録画対応していて、外付けHDDやSeeQVaultにも対応しています。また、4Kカメラ動画取りこみや、無線LAN、1TBメモリを内蔵しています。上位モデルとの違いは、内蔵メモリの多さです。

寄付金額:160,000円
内容:BDZ-ZT1500
推定実売価格:57,000円
還元率:35.6%

BDZ-ZT1500の詳細はこちら

2番組同時録画が可能、4K動画も直接取り込めて、無線LANも内蔵「BDZ-ZW1500」

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー

こちらは、2番組同時録画が出来て、外付けHDDとSeeQVaultや、4Kカメラ動画取りこみにも対応しています。メモリ1TBと、無線LAN内蔵モデルです。

寄付金額:140,000円
内容:BDZ-ZW1500
推定実売価格:46,000円
還元率:32.8%

BDZ-ZW1500の詳細はこちら

テレビ

HDR対応49型4Kテレビ「KJ-49X9000E」

ふるさと納税 家電 人気 ランキング テレビ ソニー

まず、注目すべきはHDR対応であるということ、HDRとは「ハイダイナミックレンジ」の頭文字を取った略語で、色調のレンジだけでなく、色の明るさの幅が増えてより、映像が綺麗に見えます。また音も、CD以上の音にアップスケーリングする「DSEE」に対応しており、映像にとことん拘ったモデルになります。さらには「ふるさと納税」で受け取るってことはMade in JAPAN(メイドインジャパン)。間違いないなく、還元率は30%ほど。実質2,000円と考えるとお得ですね。現在は残念ながら品切れ中ですが、リンクが切れているわけではないので、これから復活ありそうです。待ちましょう。

寄付金額:520,000円
内容:KJ-49X9000E
推定実売価格:158,000円
還元率:30.38%

KJ-49X9000Eの詳細はこちら

ソニー KJ-32W500E

ふるさと納税 ソニー テレビ TV 人気 ランキング

長野県多賀城市より、高画質技術「クリアレゾリューションエンハンサー」を搭載していて、ノイズを軽減し、地上デジタル放送などの映像を、詳細かつ、奥行きのある表現ができることが特徴です。外付けのHDDにも対応。もちろん、ソニーならではの「1.3倍早見再生」も付いていて、さっと流し見に便利な機能も付いています。

寄付金額:140,000円
内容:ソニー KJ-32W500E
推定実売価格:55,000円
還元率:39.28%

ソニー KJ-32W500Eの詳細はこちら

ソニー KJ-24W450E

ふるさと納税 ソニー テレビ TV 人気 ランキング

長野県多賀城市より、こちら上記で紹介したテレビの24型版です。これにも高画質技術「クリアレゾリューションエンハンサー」を搭載しています。小さいテレビながらもノイズを軽減して、詳細かつ、奥行きのある表現ができることが特徴です。外付けのHDDにも対応しています。

寄付金額:120,000円
内容:ソニー KJ-24W450E
推定実売価格:45,000円
還元率:37.50%

ソニー KJ-24W450Eの詳細はこちら

ソニーウォークマン

WM1シリーズ (128GB) NW-WM1A

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー

使用されている部品一つずつに拘りを持ったハイレゾウォークマンのハイエンドモデルです。こちらを入手した際にはイヤホンも拘りを持って選ぶことをおすすめします。

寄付金額:280,000円
内容:WM1シリーズ (128GB) NW-WM1A
推定実売価格:104,800円
還元率:37.4%

NW-WM1Aの詳細はこちら

ZXシリーズ (64GB) NW-ZX300

ふるさと納税 家電 ソニー NW-ZX300

上記WM1シリーズに近い高音質設計で、音の解像度も高いうえに、コンパクトにまとめられて携帯性も高く、またマットの黒ボディの質感にも定評があります。ソニーから200時間以上のエージングが必要で、最初はこもった音をしているそうですが、次第に高音などの伸びが感じられるようになるとのことで、最初は鳴らしっぱなし必須ですね。

寄付金額:150,000円
内容:ZXシリーズ (64GB) NW-ZX300
推定実売価格:61,000円
還元率:40.6%

NW-ZX300の詳細はこちら

リモコン

ソニー学習マルチリモコン HUIS-100RC

ふるさと納税 家電 おすすめ 人気 ランキング ソニー
カスタマイズできるリモコンです。複数の家電をリモコンの画面を切り替えるだけで利用できます。

寄付金額:60,000円
内容:HUIS-100RC
推定実売価格:23,500円
還元率:39.1%

HUIS-100RCの詳細はこちら

ヘッドホン

ソニー WH-1000XM2

ふるさと納税 ソニー WX-1000XM2 人気 ランキング
ワイヤレス、ノイズキャンセルな上に、ヘッドホンを外さずに周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」など、機能が多彩で、それでいて音質にもコダワリの一品です。もちろんハイレゾに対応しています。

寄付金額:100,000円
内容:WH-1000XM2
推定実売価格:38,000円
還元率:38.0%

WH-1000XM2の詳細はこちら

ふるさと納税で家電

ふるさと納税で家電は資産性が高く、今年始めに総務省から自粛するようにとお達しがあり、各自治体が家電の返礼品の取扱いを終了して、現在は取扱いが少なくなってしまいました。が、先日野田総務省から「各自治体に一任する」という発表があり息を吹き返し始めてます。年末に向けてまた家電の返礼品が復活するかもしれませんね。

ふるさと納税の「家電」返礼品は人気

自治体によっては、ふるさと納税の返礼品でお肉や野菜などの特産品以外にも、その地域で製造されている家電、掃除機やパソコン、炊飯器などを受け取れることができます。単価が高いですが還元率は総じて高く、またダイソンのサイクロン掃除機やキャノンのデジタルカメラなど人気商品もあります。

別記事でふるさと納税の「家電」をランキング形式でまとめてますのでこちらも読んでみてください。

【2017年11月】ふるさと納税でお得な「家電」還元率ランキング
ふるさと納税って何がお得なのか?ふるさと納税で税金が控除されるふるさと納税は、「納税」とありますが、自分が住んでいる自治体以外へ寄付することです。寄付する自治体は、自分が住んだことのある故郷でも良...

11月1日より「ふるなび」でAmazonギフトコードプレゼントキャンペーン開始

ふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」で2017111日より、「ふるなび」にて、ふるさと納税を行われた方へ寄付金額に対して1%のAmazonギフトコードをプレゼントキャンペーンを開始しました。

人気!特産品の高還元率な返礼品ランキング

ふるさと納税 特産品 人気 おすすめ ランキング

毎日、ほぼ全ての主要ふるさと納税ポータルサイトをチェックしお得な返礼品をチェックしているSoldie編集部より、選りすぐりの特産品を10個をセレクトしました。ほぼ全てが人気な特産品だけに、無くなること必至なためお早めに申込することをお薦めいたします。また時期によっては、普段提供している記事も提供していない場合もありますので、ご注意してお申込みください。

順位 自治体 特産品名 寄付金 還元率
10位 静岡県小山町 サーティワンのギフト券 8枚〜 複数対応 40%
9位 北海道せたな町 エゾムラサキウニ100g×2 20,000円 45%
8位 福岡県久留米市 黒毛和牛切り落とし 1kg 10,000円 48%
7位 和歌山県橋本市 種なしブドウの詰め合わせ2kg 10,000円 50%
6位  山形県村山市 ラ・フランス3kg(5~11玉)×2個 10,000円 55%
5位 茨城県稲敷市 茨城県稲敷市産コシヒカリ20kg 12,000円 62%
4位 北海道鹿部町 北海道産の魚卵3点盛りセット 10,000円 70% 
3位  山形県舟形町  山形牛焼肉セット 600g 10,000円 80%  
2位 長崎県松浦市  干物「松浦・潮風のたより」 5,000円 84%
1位 静岡県浜松市  浜名湖うなぎ蒲焼き8食分 10,000円 96%

↓こちらもチェック↓

【2017年最新版】編集部が厳選した、ふるさと納税お得な特産品ランキング10!

実は簡単!、ふるさと納税の手続手順

納税という言葉から、なんとなく手続が面倒、税理士にお願いしなければならないのでお金がかかるというイメージがありがちですが、しっかり手順を覚えておけば意外に簡単です。また、年末調整をしている会社勤めの方には、「ワンストップ特例」という年間5自治体までなら確定申告が不要な場合もありますので、この特例を合わせて活用していくことで手間を極力省くことはできるでしょう。以下に、通常のケースにおける手順を紹介します。

1. 寄付をする自治体への申し込みと支払

まずは応援したい地方自治体を選択します。インターネットの検索で、地域ごとに寄付金の使いみちや実績、また現在どんな商品がお返礼で受け取れるかを見ることができます。各自治体のホームページ、またはふるさと納税をまとめ専用たサイトでも見れますので活用しながら、応援したい地域を決めて申し込みをします。現在は、申し込みから支払までインターネットで完結するケースが増えています。

【2017年秋更新】抑えておきたい便利なふるさと納税ポータルサイト5選
ふるさと納税ポータルサイトごとの違いは?2008年に始まったふるさと納税も2015年からさらにその盛上がりをみせ、ポータルサイトも複数立ち上がりました。そこで、今回は主要なポータルサイトを比較してみます。...

申し込みを行なったら、次は寄付金の支払です。支払の決済方法も多様になってきており、クレジットカード、銀行振込、コンビニ支払い、郵便局振込みなどがあります。オススメなのはクレジットカード支払で、カードのポイントを付与することも可能です。

【ふるさと納税】本当にお得?自分でも簡単にできる寄付上限金額の計算方法
ふるさと納税が2,000円しかかからない仕組みって?ふるさと納税は、もともとあった「寄附金控除」が基盤になっています。みなさんの収入から様々な控除を受けて所得税を払っているのですが、それがある一定の条件...

2. 返礼品と納税受領証明書の受取

さて、支払を済ませたら地方自治体側で確認作業が入り、その後自治体より返礼品の送付と「納税受領証明書」が送られてきます。返礼品の送付と証明書はタイミングが異なることもありますが、申し込み時点で明記されていることが多いので、事前に確認することをお薦めします。そして、この納税受領証明書は確定申告の際に利用しますので、必ず保管しておいてくださいね。

3. 確定申告(ワンストップ特例を利用した申請)

税金控除をするために忘れてはならないのが確定申告です。ただし、先に紹介した「ワンストップ特例」を活用する場合は、事前に在住の自治体へ申告することで自動的に控除される仕組みですので、確定申告をする必要はありません。ただし、その場合も特例を利用する自治体の数が5箇所と限定されているので、注意が必要です。

以上が、ふるさと納税の手順です。おもったよりシンプルですので、まずはご自身で挑戦されてみて、次の年度に活かしていくことが良いかと思います。また確定申告をすることで、私達が普段支払っている税金についてより理解することにも役立つのでトライすることをお薦めします。

実は簡単!これだけは抑えておきたい【ふるさと納税】手続きの流れ
 ふるさと納税手続きの流れまず基本の流れは、以下の通りです。 納税をする人が、納税先団体から「寄付金受領証明書」を受け取ります。 その受領書を確定申告書に添付し、住所地管轄の税務署へ確定申告を...

Soldieお薦めお礼品】

【2017年11月】復活してきた!ふるさと納税でパソコン高還元率ランキング
ふるさと納税の「家電」返礼品自治体によっては、ふるさと納税の返礼品でお肉や野菜などの特産品以外にも、その地域で製造されている家電、掃除機やパソコン、炊飯器などを受け取れることができます。単価が高い...
【2017年11月】ふるさと納税でipadが復活!タブレットの返礼品まとめました
ふるさと納税で「タブレット」を返礼品で受け取るふるさと納税は過去にはiPadなど大変人気のあった返礼品があったのですが、今や昔で現在は2製品だけとなってしまいました。タブレット型PC自体は、ノートパソコン...
【2017年11月】G-SHOCKなど、ふるさと納税「腕時計」還元率80%の返礼品も!純国産高級品など厳選ランキングベスト10
ふるさと納税の「家電」返礼品自治体によっては、ふるさと納税の返礼品でお肉や野菜などの特産品以外にも、その地域で製造されている家電、掃除機やパソコン、炊飯器などを受け取れることができます。単価が高い...
【2017年9月】ふるさと納税の人気特産品「メロン」高還元率ランキング
ふるさと納税とは?巷で大人気のふるさと納税。ふるさと納税の制度を活用した寄付の実績は去年300億円を超え、2014年140億円の2倍にも増えました。その仕組を一言で表すと、個人が地方自治体に寄付した金額の一部...
【2017年11月】ふるさと納税でモンベル、コールマンがおすすめの理由とは?
ふるさと納税でアウトドア用品が豊富に揃っている暖かい季節になってきました。そろそろ、夏のキャンプに向けて準備を始めてる方も多いのではないでしょうか。今回は、その中でもふるさと納税でもらえる「アウト...