Topページ > 納税 > ふるさと納税で行ける、全国の名湯温泉5選
更新日:2017年2月17日

ふるさと納税では温泉観光旅行券がもらえる場合がたくさんあります。 日本有数の観光地の有名温泉の宿泊券付でペアのチケットも用意されています。 行ったことのない場所の温泉を選んでガイドブックを見ながら旅行の計画を立てリフレッシュしてみませんか。

ふるさと納税 温泉

はじめに

ふるさと納税のお礼の品では高額商品になると地元の有名温泉のペア宿泊券や食事券付宿泊券が用意されています。 還元率がとても高いですし、豪華なごちそうと上質なお部屋を用意してもらえますので、お得な品といえます。 日本全国を旅するつもりで温泉にターゲットを絞り、ふるさと納税しようとする自治体を選んでみませんか。 温泉にもいろいろあることがわかるようになりますし、自分が行きたいと思う理想の温泉地がきっと見つかるはずです。”

1. 群馬県吾妻郡草津町「くさつ温泉」

群馬県吾妻郡草津町は大滝の湯入浴券10回分が1万円から2万円までの寄付のお礼の品として用意されていますが、注目すべきは、 1万円の寄付で草津温泉感謝券をもらうことができ、飲食店、お土産店、宿泊施設で利用することができる感謝券です。 還元率は50%で、利用範囲も広いこととすぐそばに軽井沢があり、温泉のはしごがしやすいのが特徴です。

寄付金額:10,000円
内容:寄附金額の半額相当
推定実売価格:5,000円
還元率:50%

2. 新潟県新発田市「月岡温泉」

新潟県新発田市の月岡温泉では美肌効果の高い温泉、地元食材をたっぷりと使った食事、美味しい地酒を味わうことができます。 ふるさと納税のお礼の品は旅館、ホテルで利用できる感謝券で、1万円以上の寄付で還元率50%分もらえます。 新発田牛、ブランドイチゴ越後姫などグルメも多く、ゴルフ場も海水浴場もありますので旅行に最適です。

寄付金額:10,000円
内容:寄附金額の半額相当
推定実売価格:5,000円
還元率:50%

3. 長野県野沢温泉村「野沢温泉

長野県野沢温泉村の野沢温泉では温泉とスキーを楽しむことができます。 寄付金額5万円以上で3つのコースが用意されており、10万円以上で3つから選ぶことができます。 ゲレンデナイター貸切、雪上結婚式、スキー場シーズン券の3つです。 30万円以上ではスキー場シーズン券、夏のゴンドラ券、日本スキー博物館の年間パスポートがセットになっています。 50万円以上ではプロの競技も行われる野沢温泉スキー場カンダハーコース貸切チケットです。 貸切りができるのは「ふるさと納税」ならではですね。※現在(2017年2月)締め切られているので、次回を待ちましょう。

寄付金額:500,000円
内容:野沢温泉スキー場カンダハ―コース貸切チケット

4. 兵庫県美方郡新温泉町「七釜温泉」

兵庫県美方郡新温泉町のふるさと納税のお礼の品は七釜温泉の湯めぐりチケットです。 1万円の寄付でゆーらく館、ユートピア浜坂、浜坂海岸レクリエーションセンター松の湯、薬師湯、リフレッシュパークゆむらの村にある温泉施設5か所を利用することができます。 還元率は50%ほど、源泉かけ流しや温水プールも楽しめます。 蛇口をひねれば温泉が出る村、日本の白砂青松100選の景色、自然の中の温泉公園と種類が豊富ですので家族で楽しめます。

寄付金額:5,000円
内容:町内5施設、各1枚ずつの無料入浴券
推定実売価格:2,500円
還元率:50%

5. 神奈川県足柄郡湯河原町「湯河原温泉」

神奈川県足柄下郡湯河原町の湯河原温泉は四季を通じて温暖な気候、海や川、山などの自然に恵まれ、城下町として史跡も多く、観光地としてのグルメも楽しめます。 湯河原梅林の季節にはライトアップもされ、賑わいを見せる人気の観光地ですし、ゴルフ場もあります。 宿泊ギフト券のお礼を選ぶには寄付は3万円からになります。 還元率は金額によりますが30万円以上寄付すると最高50%の還元率で一律15万円の宿泊ギフト券がもらえます。 ゴルフ場チケットとの組み合わせも可能ですので家族旅行やゴルフコンペにもおすすめです。

寄付金額:30,000円
内容:寄附金の額の2分の1相当の価格の宿泊ギフト券
推定実売価格:15,000円
還元率:50%

まとめ

日本の温泉地は観光地としてもサービスが充実していて、温泉だけでなく、ほかに見どころがたくさんあります。 温泉を堪能するのもよいですし、ゴルフやマリンスポーツ、ウインタースポ―ツを楽しむこともできます。 ふるさと納税のお礼の品は温泉地で使えるギフト券や宿泊券を選び、家族旅行や一人旅を楽しみ、リフレッシュ休暇をしてみてはいかがでしょう?

〜その他にも、ふるさと納税について知ろう〜
ふるさと納税が支持されてる理由とは、税制面から紐解いて解説
ふるさと納税基本制度と注意点
ふるさと納税、自分でもできる控除上限金額の計算方法
ふるさと納税で確定申告が不要な「ワンストップ特例」とは?
抑えておきたい便利なふるさと納税ポータルサイト3選