Topページ > 納税 > 自然を満喫できる【長崎県平戸市】ふるさと納税返礼品5選!
公開日:2017年1月26日

長崎県平戸市は海と山に囲まれた自然豊かな街です。ふるさと納税でも珍しい電動自転車のほか、お菓子やお酒、肉、魚など様々な食材があります。また古くからの歴史ある場所柄、伝統の名産品も多くラインナップされています。

海と山の食材の宝庫、平戸市

今回ご紹介する平戸市は長崎県北西部の平戸島とその周辺を含む市で、九州本土の市としては最西端に位置します。鎖国が行われる前の江戸時代初期までは対外貿易の中心として繁栄していました。平戸市はその歴史もさることながら、玄界灘と五島灘が交差する漁場で育まれた海の恵みと、安満岳や志々伎山から流れる清らかな水を栄養源に育てられた山の恵みから得られる食材の宝庫としても有名なところです。今回はそんな平戸市らしい「ふるさと納税」の返礼品をご紹介します。

1. 自転車型電動バイクEサイクルIS006(折りたたみ型)

平戸島にあるISOLA株式会社製の自転車型電動バイクEサイクルIS006(折りたたみ型)です。ISOLAとはイタリア語で「島」という意味。日本の美しい自然を残しながら生活を豊かにしていきたい、そんな思いを込めて自動車整備工場だった「有安オート」が製作したこの電動自転車は、わずか10円の電気代で平均50kmの距離が走れます。寄付金額は500,000円、推定実売価格は199,000円ですので、還元率はおよそ40パーセントです。

寄付金額:500,000円
内容:自転車型電動バイクEサイクルIS006
推定実売価格:199,000円
還元率:40%

2. 平戸蔦屋カスドース・カステラ詰合せ

平戸蔦屋カスドース・カステラ詰合せです。1502年に平戸藩主松浦家の御用菓子司として創業された九州最古の老舗の和菓子店である蔦屋のカスドースは、400年以上愛され続けている平戸の銘菓です。カステラを卵黄にくぐらせて糖蜜で揚げたこの南蛮菓子は、殿様だけが食べられる「幻の菓子」と呼ばれ、明治以降には皇室にも献上されたのだとか。このカスドース10個にカステラ1つを付けて寄付金は10,000円です。

寄付金額:10,000円
内容:カスドース 10個、カステラ 1本(約400g)
推定実売価格:3,000円
還元率:30%

3. 白ワインみたいな純米酒と梅酒

森酒造場による白ワインみたいな純米酒と梅酒です。最教寺の湧き水と根獅子の米から醸造されたこだわりのお酒で、とりわけ純米酒の「夢名酒」はまるで白ワインのような風味が特徴。和食にも洋食にもよく合います。セット内容は「夢名酒」 500mlが2本と梅酒「あんじん」 500mlが1本。寄付金額は10,000円です。

寄付金額:10,000円
内容:純米酒「夢名酒」500ml×2本、梅酒「あんじん」500ml×1本
推定実売価格:3,000円
還元率:30%

4. 平戸和牛サーロインステーキ

全国和牛能力共進会で内閣総理大臣賞を受賞した長崎和牛の生産地、平戸。鎌倉時代からの伝統のあるこの平戸和牛は、江戸時代には西洋の牛との交雑が進み、ハイブリッド化がなされました。生産量が少ないため「幻の和牛」と呼ばれているこの平戸和牛の中でもA4ランク以上の特選サーロインステーキ200gが2枚と特製ステーキソースを2袋で、寄付金額は30,000円です。

寄付金額:30,000円
内容:特選平戸和牛サーロインステーキ 約200g×2枚、ステーキソース 20g×2袋
推定実売価格:6,000円
還元率:20%

5. 地魚詰合せ

玄界灘と五島灘が交差する天然の漁場である平戸近海で取れた地魚の中から、特におすすめの魚のみをピックアップ、鮮度を保つために1匹ずつ鱗と内臓を処理して冷蔵で送ってもらえます。魚の種類は季節によって変わりますが、3〜4人前で寄付金額は10,000円。都会では珍しい魚が入っていることもあり、また美味しい食べ方をお知らせしてくれるのも嬉しいポイントです。

寄付金額:10,000円
内容:平戸の地魚(鮮魚) 約3~4人分 ※水揚げ、季節によって内容は毎回変わります。

便利なポイント制で様々な食材を楽しめる

長崎県平戸市のふるさと納税は、自然豊かな土地柄を反映した様々な返礼品がありました。平戸市はポイント制を採用しており、好きなタイミングで交換できたり、ポイントを貯めることもできるなど、その便利さが魅力です。また自然の多い土地柄から、海の幸から山の幸まで様々な味覚を味わうこともできます。この機会に平戸市のふるさと納税をご利用してみてはいかがでしょうか?

〜その他にも、ふるさと納税について知ろう〜

【コラム】ふるさと納税が支持されてる理由とは、税制面から紐解いて解説

【コラム】ふるさと納税基本制度と注意点

【コラム】ふるさと納税、自分でもできる控除上限金額の計算方法

【コラム】ふるさと納税で確定申告が不要な「ワンストップ特例」とは?

【コラム】抑えておきたい便利なふるさと納税ポータルサイト3選