Topページ > 納税 > 食べ比べてみる価値あり!ふるさと納税でもらえる全国の美味しい無洗米
公開日:2017年2月25日
更新日:2017年3月8日

ふるさと納税の返礼品として定番のお米。全国の美味しいお米の中からキャンプやアウトドアにも利用できる手軽な無洗米に限定し、お米の食味ランキングとふるさと納税サイトでの人気ブランド5品目をピックアップしました。

ふるさと納税 無洗米

はじめに

ふるさと納税とは、興味のある地方自治体に寄付をすることでその地域に貢献する事ができる制度です。寄付金を送る事で税金の控除や自治体よりお礼として「返礼品」を受ける事ができます。ふるさと納税の方法もWEBからネットショッピングのように手軽に行う事ができるので、返礼品目的で寄付する自治体を選ぶこともできますが、返礼品が届く時期が曖昧だったりするので、日持ちのするお米が選ばれる事が多いようです。今回はお米の中でも人気のあるブランド無洗米を5品ご紹介します。

1. 新潟県鶴岡市「平成28年産米鶴岡産つや姫(10kg)」

米どころとして有名な新潟県の庄内平野の鶴岡市。有名ブランド米を多く持つ名産地です。中でも食味ランクで最高の「特A」を6年連続受賞している「つや姫」は名前通りに表面にパールの様なつやがあり、甘味と旨味のバランスが絶妙なお米です。通常栽培と比べ、農薬や化学肥料を5割削減した特別栽培米の無洗米10kgが10,000円の寄付で受けとる事ができます。

寄付金額:10,000円
内容:5kg×2袋
推定実売価格:5,200円
還元率:52.0%

2. 新潟県魚沼市「コシヒカリ」

北は福島県から南は九州まで作られるブランド米「コシヒカリ」ですが、産地として有名なのはやはり新潟県魚沼産です。魚沼特有の気候と水のおいしさがお米の美味しさを引き出しています。魚沼産「コシヒカリ」の単一米しか食べないという人もいるくらいの指名買いブランドです。ふるさと納税では通常買わないものを返礼品として選ぶのも一つの方法です。

寄付金額:10,000円
内容:魚沼産コシヒカリ単一原料米/無洗米5.0kg
推定実売価格:3,550円
還元率:35.5%

3. 北海道雨竜町「ゆめぴりか」

北海道のブランド米として有名なのが「ゆめぴりか」です。甘味とねばりのある食感が特徴で、食味ランクでも特Aを受賞しています。お米の栽培地としては北海道でも北の地域にある雨竜町では寒さを利用して冬の間は低温の貯蔵庫に籾の状態のお米を貯蔵し、発送直前に精米するので新米と変わらない味わいを楽しめるのが特徴です。10,000円の寄付で無洗米10kgを受け取る事ができます。

寄付金額:10,000円
内容:ゆめぴりか-無洗米-(5kg)2袋
推定実売価格:3,200円
還元率:32.0%

4. 山形県庄内町「はえぬき」

米どころ山形県の庄内町のブランド米「はえぬき」は、つや姫同様に食味ランク特Aのお米です。美味しいお米を研ぐにはお水も重要です。お米を研ぐ必要のない無洗米とセットで山形県の美味しいお水とセットになった返礼品も選ぶ事ができます。特に期間限定返礼品の中には10,000円の寄付金で無洗米「はえぬき」10kgと霊峰月山のブナ林でろ過されたミネラルウォーターが4Lもらえるお得なセットもあります。

寄付金額:10,000円
内容:庄内産はえぬき無洗米10kg(5kg×2袋)、ブナの水音4L(2L×2本)
推定実売価格:4,500円
還元率:45.0%

5. 福岡県福智町「ヒノヒカリ」

九州地方や広島県などの暖かい地域を中心に作られるブランド米が「ヒノヒカリ」です。粘り、香りのバランスが良く、食味ランクでは特Aのお米で九州では人気のブランドです。福島県の中心部にある福智町は果物や農産品の産地です。無洗米の「ヒノヒカリ」は他の自治体より少し安い9,000円の寄付で10kg受け取る事ができるのでお得です。

寄付金額:9,000円
内容:無洗米 ヒノヒカリ5kg×2袋
推定実売価格:4,000円
還元率:50.0%

まとめ

ふるさと納税の返礼品として無洗米に限定してみました。研ぐ必要が無いので、旨味が流れないのが無洗米の特徴でもあります。中でも食味ランク「特A」のブランド米とブランド産地にこだわったチョイスとなっています。お米は他の返礼品と比べて重量が大きい分、お得感も大きい商品だと思います。普段は食べないブランド米を選ぶのもふるさと納税を楽しむ方法です。

〜その他にも、ふるさと納税について知ろう〜
ふるさと納税が支持されてる理由とは、税制面から紐解いて解説
ふるさと納税基本制度と注意点
ふるさと納税、自分でもできる控除上限金額の計算方法
ふるさと納税で確定申告が不要な「ワンストップ特例」とは?
抑えておきたい便利なふるさと納税ポータルサイト3選