Topページ > 納税 > 【ふるさと納税】本当にお得?自分でも簡単にできる寄付上限金額の計算方法
更新日:2017年9月19日

ふるさと納税って税金がトクするらしいけど自分に当てはまるかわからないという人いますよね? もしかしたら、ふるさと納税の返戻品が魅力で納税しているけど実は普通に買った方がおトクっていう人もいるかもしれません。ふるさと納税をどれだけするのが自分にとって有効か考えてみましょう。

ふるさと納税が2,000円しかかからない仕組みって?

ふるさと納税は、もともとあった「寄附金控除」が基盤になっています。

みなさんの収入から様々な控除を受けて所得税を払っているのですが、それがある一定の条件のもと寄付をすると安くなるというのが「寄附金控除」です。

そしてその「寄附金控除」が発展した特例がふるさと納税です。

ふるさと納税、いなか

「寄附金控除」は寄附した金額のうち2,000円を超えた金額を経費とみなし給与所得から差し引いて所得税計算をしてくれる税額控除がメリット①です。そして、寄附した金額のうち2,000円を超えた金額の10%が住民税所得割額から直接差し引かれる税額控除がメリット②になります。

特例であるふるさと納税は2,000円を超えたメリット①②でひききれなかった金額を全額住民税所得割額から控除してくれる税額控除になります。ただし住民税所得割額の20%が控除の上限額です。

知っている人は確実に始めて得している!【ふるさと納税】メリット・デメリット
 給料からの天引きで税金を納めていると、1年間にどれだけ支払っているか実感ないですよね。それでも自分が収めた税金が、実際何にいくら使われているのか気になるところ。自治体への寄附金の使い道を指定でき、...

自分が寄附できる上限額を自分で計算する方法

つまりふるさと納税の特例分は住民税所得割額のちょうど20%になる金額が最も効率の良い金額になります。その上限を越えたら自己負担で納税をしていることになります。

 

計算式は以下のようになります。

住民税の所得割額=(課税所得+所得税と住民税の基礎控除の差額5万円)×10%-調整控除(ほとんどの場合2500円)

ふるさと納税限度額=(住民税の所得割額×20%)÷(90%-所得税率)+2000円

では、具体的に課税所得150万円の人で計算してみましょう。

(250万円+5万円)×10%-2500円=252,500円

(252,500円×20%)÷(90%-10%)+2000円=65,125円

*配偶者控除と扶養控除は考慮せず

上記の通り、ふるさと納税の限度額は65,000円になります。

上記の計算の仕組みを大まかに把握しておき、実際いくらまでが実質2000円でふるさと納税できるかは、総務省が提供している「ふるさと納税など個人住民税の寄附金税制」の控除額計算シミュレーションを利用すると簡単に計算することができます。

2017年9月【ふるさと納税】寄付できる限度額を簡単に計算できるシミュレーター最強3選
ふるさと納税にも年間に控除できる税金の上限金額(限度額)が定まっています。上限は年収、家族構成によって変わるため個別での確認が必要ですが、今回はその計算を簡単にシミュレーションできるサイトやツール...

ふるさと納税

ふるさと納税における注意点

自分の好きな自治体、欲しい返戻品のある自治体に寄付をすることでその分自分の住む自治体からの住民税所得割額が減るわけです。

しかし、住宅ローン控除がありそもそもの住民税の税額が少ない場合、かえってふるさと納税でメリットを得られない事もあるので注意が必要です。また、他の自治体に寄附をすることで自分の住む自治体の税収が減るという事も頭においてください。

ふるさと納税が得かどうかはご自分にとって適正な金額を把握することをお忘れなく。

【ふるさと納税】手続き前に知っておくべき5つの注意点とは?
ふるさと納税をする際に、本当にお得なのかどうかと心配される方もいらっしゃると思いますが、正しく活用すれば間違いなくお得です。しかし注意すべき点もいくつかあるので、今回はその注意点についてとりあげて...

まとめ

このように、どれくらいお得なのかは人によって変わります。申し込みする前に簡単な計算をしておき、どれくらい上限金額なのかをイメージしておくことが重要です。応援したい地域応援のための寄付なので、決して損得だけの話ではありませんが、きっちり理解してふるさと納税の制度を有効に活用していきましょう。

[Soldie公式]  家計の見直しアドバイス

結婚やマイホーム購入などをきっかけに家計の見直し行いたい方を対象に、Soldieに携わっている家計の専門家が支出のコントロール方法や節約可能な料金の発見方法について、SkypeかLINE通話で30分〜1時間程度のマンツーマン・アドバイスいたします。アドバイスにかかる料金は、先着100名までは完全無料です。またアドバイス中に、特定サービスについて勧誘や営業も一切ありませんので、お気軽にご相談ください。

詳しくは、以下のリンクをご覧ください。


【Soldie編集部お薦め返礼品】
【2017年9月】まだある!ふるさと納税でパソコン高還元率ランキング,
ふるさと納税の返礼品としてもらえるパソコンは、総務省のお達しにより、取り扱っている自治体は少なくなりました。それでもまだ残っているパソコンを徹底調査。還元率でランキング形式でご紹介します。安曇野市...
【2017年9月】ふるさと納税でipadはもう終了?タブレットを徹底調査!還元率70%以上の返礼品まとめ
4月の新生活に向けてふるさと納税でipadなどタブレットPCをもらってハイスペックライフを手に入れよう。今回、soldie編集部ではふるさと納税でもらえるタブレット端末を4つ紹介いたします。
【2017年最新版】G-SHOCKなど、ふるさと納税「腕時計」還元率80%の返礼品も!純国産高級品など厳選ランキングベスト10
嗜好品として身につける方が多くなる中、タイムマネジメントがシビアなビジネスシーンやレジャーで活躍している腕時計ですが、ふるさと納税でもその腕時計が高還元率で受け取れます。今回はふるさと納税で受け取...
【2017年9月】ふるさと納税の人気特産品「メロン」高還元率ランキング
ふるさと納税でも人気の高い「高級メロン」について、お得度ランキングをまとめてみました。今年発送分だけでなく、来年度の発送に対する予約品も実はお得で、そちらも見逃せません。
【2017年最新版】ふるさと納税でモンベル、コールマンがおすすめの理由とは?
モンベルのポイントバウチャーは、2017年7月より、還元率が5割から3割に変更になりました。以前よりお得感はなくなりましたが、実質2,000円で貰えるとなるとまだまだお得です。