Topページ > 納税 > 家族構成のケーススタディから知ろう、お得なふるさと納税活用術
公開日:2016年12月6日
更新日:2016年12月13日

ふるさと納税の制度を使って市町村等に寄附をする場合、寄附額に上限はありませんが、税金の控除面からみれば、最適な金額が存在します。世帯構成(独身やファミリー等)や年収によって違うので、いくつか例を挙げて試算してみました。

人によって最適な金額が異なる理由

住民税から控除できる上限は個人住民税所得割額の2割となっていて、所得割の額は人によって異なるので最適な金額も異なります。住民税所得割額は「(所得金額-所得控除)×税率10%」で求めます。所得金額は年収によって異なり、所得控除の中にある人的控除も、配偶者や扶養親族の人数によって控除額が異なるため、住民税所得割額もそれに伴い異なります。

なお、寄附する時には計算の基になる税額は確定していないので、最適な金額を細かく算出することはできません。前年の税額等を参考におおよその金額を把握してみると良いです。

目安表で上限額を簡単に確認できる

総務省ふるさと納税ポータルサイトにある「全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安」で上限額の目安を簡単に確認できます。寄附金控除額の計算シミュレーションを使って試算しながら表を作成してみました。

ふるさと納税の目安表

資料:総務省ふるさと納税ポータルサイト(一部計算シミュレーションにて筆者が試算)

※共働きはふるさと納税をする人が配偶者(特別)控除の適用を受けていない場合。夫婦はふるさと納税をする人の配偶者に収入がない場合。高校生は16~18歳の扶養親族、大学生は19~22歳の特定扶養親族の場合。

2017年9月【ふるさと納税】寄付できる限度額を簡単に計算できるシミュレーター最強3選
ふるさと納税にも年間に控除できる税金の上限金額(限度額)が定まっています。上限は年収、家族構成によって変わるため個別での確認が必要ですが、今回はその計算を簡単にシミュレーションできるサイトやツール...

年収390万円の独身者は上限40,000円が最適

実際にケースに合わせて試算してみましょう。

例えば、年収390万円の独身の場合、寄附者の年収は3,900,000円と入力し、家族構成は全て入力せず、寄附しようとする額に適当な数字を入れてみます。すると、試算結果(控除額と自己負担額)が出ます。

39,000円の寄附……控除額37,000円、自己負担額2,000円

40,000円の寄附……控除額38,000円、自己負担額2,000円

41,000円の寄附……控除額38,691円、自己負担額2,309円

この場合、寄附額は40,000円までなら自己負担が2,000円で済みます。つまり、年収390万円独身の最適な寄附額は40,000円と言うことになり、10,000円の寄附を4か所できます。

ふるさと納税独身のケース

もし返礼品を受け取れるなら、独身の場合なるべく日持ちのして料理する必要のない「酒」「酒のつまみ」「菓子」「コーヒー」「はちみつ」などは如何でしょうか?

【ふるさと納税】人気のはちみつ高還元率ランキングおすすめベスト3
ふるさと納税で冬に嬉しい「はちみつ」をゲットしましょう。今回は、還元率、ボリュームなどからふるさと納税の返礼品であるはちみつを見ていきます。

夫年収660万円、妻専業主婦、高校生1人では上限70,000円が最適

同様に寄附金控除額の計算シミュレーションで試算してみましょう!寄附者の年収は6,600,000円と入力し、家族構成は配偶者専業主婦に1人、扶養親族高校生に1人と入力します。寄附しようとする額に適当な数字を入れてみると、次の試算結果(控除額と自己負担額)が出ます。

 69,000円の寄附……控除額67,000円、自己負担額2,000円

70,000円の寄附……控除額68,000円、自己負担額2,000円

71,000円の寄附……控除額68,645円、自己負担額2,355円

この場合、寄附額は70,000円までなら自己負担が2,000円で済むので、最適な寄附額は70,000円と言うことになり、10,000円の寄附なら7か所できます。もし返礼品を受け取れるなら、食べ盛りの高校生もいるので、食料または生活必需品「米」「肉」「魚介類」「果物」「野菜」「菓子」「飲料」等を組み合わせてみては如何でしょうか?

2016年ふるさと納税、【豚肉(ポーク)】がボリューム満載!
ふるさと納税とは?ふるさと納税の仕組みは、個人が地方自治体に対して寄付をした金額のうち、2000円を超える部分に対し一定の上限まで所得税や個人住民税から全額控除されるというものです。寄付のお礼に地元の...

終わりに

自己負担が2,000円で済む最適な寄附額の目安は、目安表で確認したり計算シミュレーションで試算したりすればわかりますが、前提条件が違えば額も変わります。あくまで目安として考えると良いでしょう。返礼品を期待するなら、普通に買ったら高そうな品を選ぶと得した気分になります。数万円単位で寄附したら何を選んでもお得になりそうですけどね。

決定版!2016年秋【ふるさと納税】人気商品ベスト10
2008年から開始し、いまでは大人気となっているふるさと納税。多くの返礼品の中から、特に人気商品をランキング形式で紹介します。また商品自体のお得ランキング情報もあり、申込する前にぜひ目を通してご参考に...

※税控除額の計算や申告方法等について不明点がある場合は、寄附する市町村等に必ず確認するようにして下さい。