Topページ > 納税 > ふるさと納税で貰える全国トップレベル銘柄「飛騨牛」5選!
公開日:2017年2月2日

「飛騨牛」聞けばだれでもわかるように、飛騨牛は牛肉ブランドの中でも、国内でトップレベルを誇り、高い品質と美味しさにより、信頼を得ている牛肉の種類です。飛騨牛は、国産の黒毛和牛で、14ヶ月以上岐阜県で育てられた牛肉を指します。そんな高級牛肉である「飛騨牛」が受け取れる返礼品を5つ紹介します。

はじめに

今回は、飛騨牛を心行くまで堪能したいという方に、寄付金額が5万円、10万円、20万円からおすすめを紹介します。飛騨牛の特徴は、赤身と脂身のバランスがよく、色合いは薄桃色で、口当たりは大変なめらかで、とろけるところです。程よい脂の割に、後味はさっぱりした味わいが多くの人を魅了するポイントです。そして、その飛騨牛の美味しさをギュッと詰め込んだ、「贅沢・極上のセット肉」に焦点を当ててみました。

ふるさと納税 飛騨牛

1. 岐阜県川辺町「飛騨牛A5~4等級 贅沢セット」

最上位のA5等級で、すきやき肉とステーキ肉のコンビです。飛騨牛が食べたいけどあまり高い金額は払えないという方でも、最高級の2種類のお肉を合計1.2㎏ほど食べられるのは大変お得と言えます。濃厚でなめらかな口当たりで味も折り紙付きです。

寄付金額:50,000円
内容:すき焼き用(肩ロース・ロース)700g、サーロインステーキ3枚(約540g)
推定実売価格:24,000円
還元率:48%

2. 岐阜県池田町「飛騨牛 豪華ステーキセット」

寄付金額は10万円と高めですが、還元率は60%以上と大変お得なステーキセットです。さらに「ふるさと納税チョイス」さんにある説明書きでは、“岐阜県のブランド和牛「飛騨牛」その中でも特に選りすぐった上質なお肉をお届けします。”と、飛騨牛という銘柄でも良い牛肉ですが、さらに選りすぐりのお肉が約束された返礼品になります。

寄付金額:100,000円
内容: 飛騨牛サーロインステーキ(真空冷凍)1枚 180g×5枚 飛騨牛ヒレ肉(真空冷凍)1枚150g×8枚 ※A4等級以上
推定実売価格:61,000円
還元率:61%

3. 岐阜県美濃加茂市「飛騨牛三昧セット」

このセットは、なんと関市、加茂市とそしてあの高級デパートの高島屋のコラボ企画の返礼品です。寄付金は10万円と高めですが、なんといっても高級デパートの高島屋が、数ある返礼品の中でも選りすぐられた飛騨牛のお肉です。美味しくないわけがありません。

寄付金額:100,000円
内容:ステーキ用サーロイン肉×2枚(380g)、すき焼き用肩ロース肉400g、焼肉用バラ肉400g、しゃぶしゃぶ用ロース肉400g
推定実売価格:33,000円
還元率:32%

4. 岐阜県美濃加茂市「飛騨牛食べ比べコース」

飛騨牛のいろんなフルコースです。全ての飛騨牛を試してみたという方にお勧めです。このコースは、1っ回目の謝礼の後から、1ヶ月間隔で4回届きます。返礼品が、冷蔵庫に入り切らないという心配もなく、都度新鮮な牛肉が食べられるのが良いです。

寄付金額:200,000円
内容:
1回目 飛騨牛 サーロインステーキ3枚(計600g)
2回目 飛騨牛すき焼用 肩ロース750g
3回目 飛騨牛焼肉用 バラ1,000g
4回目 飛騨牛しゃぶしゃぶ用 ロース700g 冷凍30日
推定販売価格:58,000円
還元率:29%

5. 岐阜県下呂市「飛騨牛ステーキ食べ比べセット」

内容は全てステーキ肉、ステーキの代表的な部位をそろえたステーキ好きにはたまらない充実したステーキセットです。このセットは、還元率は低めなのですが、サーロイン、ヒレといった一般的な部位のステーキだけでなく、最近焼肉屋さんでも話題の、牛肉の一番おいしいと言われている希少な部位のイチボが入っています。そのイチボのステーキも入っています。

寄付金額:200,000円
内容:飛騨牛ヒレステーキ(2枚 約280g)、飛騨牛サーロインステーキ(2枚 約380g)、飛騨牛イチボステーキ(2枚 約280g)、飛騨牛ランプステーキ(2枚 約340g)
推定販売価格:28,000円
還元率:14%

まとめ

飛騨牛は大変高級なため、なかなか普段食べられません。しかしながら、ふるさと納税なら、品質が保証された、美味しくて安全な飛騨牛をお得に食べることができます。寄付金額が高い商品を選べないという方でも、満足のセット内容と還元率なので、ふるさと納税初心者の方でも安心できるチョイスとなっています。牛肉にもいろいろな部位があり、なかには日常で、見かけない極上品もあるので、それぞれの好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

〜その他にも、ふるさと納税について知ろう〜
ふるさと納税が支持されてる理由とは、税制面から紐解いて解説
ふるさと納税基本制度と注意点
ふるさと納税、自分でもできる控除上限金額の計算方法
ふるさと納税で確定申告が不要な「ワンストップ特例」とは?
抑えておきたい便利なふるさと納税ポータルサイト3選