Topページ > 納税 > ふるさと納税でもらえるオオグソクムシって?面白い・変わった返礼品5選
更新日:2017年3月22日

今回は、Soldie編集部スタッフが、数ある「ふるさと納税」の返礼品の中から、”面白い”、”変わったもの”に焦点をあてて調査しました。その中から特に特殊な返礼品を5つ紹介します。

ふるさと納税 めずらしい返礼品

はじめに

2017年もすでにバレンタインデーが過ぎ、2月が終わろうとしています。人気のある返礼品はすでに品切れのものあるようです。今回は、Soldie編集部スタッフが、数あるふるさと納税の中でも、珍しい、変わっている、面白い返礼品を厳選して紹介いたします。

1. 北海道紋別市「オホーツク海の流氷」

まず一つ目に紹介するのは、北海道紋別市から「オホーツク海の流氷」の返礼品です。普段流氷をみることはないかと思いますが、ふるさと納税を利用すればすぐにみることができます。ただ、残念ながら食用としては使えないので、お酒で使う氷としてできなそうです。こちら観賞用です。

寄付金額:10,000円
内容:オホーツク海の流氷(5kg程度)

2. 静岡県焼津市「焼津深海オオグソクムシ」

駿河湾の深海で捕れるオオグソクムシがふるさと納税の返礼品で出品されていました。こちら生きたまま配送されるようですので、そのまま飼う事もできます。また、オオグソクムシは詰めが鋭い上に、噛みつく事もあるという、結構凶暴なので気をつけてください。深海生物なので光に弱く、当たり続けると死亡してしまう可能性もあります。またオオグソクムシは食用として食べることもできるそうです。オオグソクムシってどんなもの?

寄付金額:10,000円
内容:駿河湾深海で獲れたオオグソクムシ2匹(7cm前後)

3. 高知県四万十町「田舎暮らししたい若者を29泊30日インターンシップさせてあげる寄付チケット」

自分が体験するのではなく、若者をインターンシップとしておよそ1ヶ月間、高知県四万十町へ研修を受けさせるチケットです。「ふるさと納税」で自分が田舎へ行ってその地域ならではの体験型は大変多いのですが、このような自分が体験するのではなく、若手に体験させるという大変めずらしい返礼品になります。四万十町が故郷の方など、少子化が進むなか地元に若手を送って魅力を感じてもらい、地元を活性化してもらえますね。

寄付金額:1,100,000円
内容:若者のインターンシップ活動費 5人分、インターンシップを体験した若者からのお礼のビデオレター(DVDへ収録し送付)

4. 徳島県徳島市「阿波おどりポスターspecialセット」

4つめは、阿波おどりのポスターセットです。初期の「空の境界」ポスターは盗難が相次ぎ、さらにはオークションで10万近い値で競り落とされていたそうです。コレクターの方はその1枚だけで元が取れてしまう大変お得な返礼品ではないでしょうか?「ふるさと納税」ではアニメに関連した返礼品が増えてきています。また別の記事でアニメ関連の返礼品をまとめて紹介しますね。

寄付金額:100,000円
内容:これまでの阿波おどりポスター全種(2009~2015)、阿波おどりポスター2016×2種、ポスター撮影時の生写真(50枚)付き特製アルバムセット、ポスターアニメ絵原画クリアファイル(※「おへんろ。」柄のみ)

5. 埼玉県深谷市「渋沢栄一の精神と強運にあやかる特注印鑑」

最後に紹介するのは、渋沢栄一の生涯の強運にあやかったオーダーメイドの印鑑深谷市が誇る郷土の偉人、渋沢栄一の生涯の強運にあやかったオーダーメイドの印鑑。あやかっている部分は書体「渋沢栄一フォント」。そしてなんと、この寄付金額ですと、最大230本まで組み合わせなど自由に作れます。230本ありますので、家族、同僚、友達への贈呈などにも最適ではないでしょうか。単純計算して1本4万円近くしますが、渋沢栄一ファンはプライスレスです。

寄付金額:8,880,000円
内容:オーダーメイドの印鑑をお作りします。最大230本までの範囲で自由に本数や材料やサイズの組合せが可能です。

まとめ

面白い、珍しい返礼品を5つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?結果ですが、冬ならではの旬なものであったり、100万以上の高額なものから、1万円と手に入りやすいものなど色々と揃える事ができました。次回は3月中旬に、面白い、珍しいに焦点をあてた返礼品を厳選して5つ紹介致します。

〜その他にも、ふるさと納税について知ろう〜
ふるさと納税が支持されてる理由とは、税制面から紐解いて解説
ふるさと納税基本制度と注意点
ふるさと納税、自分でもできる控除上限金額の計算方法
ふるさと納税で確定申告が不要な「ワンストップ特例」とは?
抑えておきたい便利なふるさと納税ポータルサイト3選