Topページ > 納税 > 2019年9月【副業QandA】副業で「収入」を得ると確定申告は必要?
更新日:2019年9月2日

働き方改革関連法の施行により、時間に余裕ができて、副業・パラレルキャリアをする人が増えつつあります。副業(複業)での所得が20万円を越えると必要になってきます。

Q:副業で「収入」を得ると確定申告は必要?

副業 確定申告

A:副業で「所得」が20万円を越えると確定申告が必要になります。

副業をして収入を得ると気になっていくるところが税金問題です。

あとあと問題にならによう、所得に対して、正しい税金を支払うために「確定申告」自体は、仕事している人はだれでも必要なのですが、会社に勤務している人は、「年末調整」として、源泉徴収票などを記入して提出すれば、「確定申告」はしなくても良くなります。

では、副業で「収入」得ると、確定申告が必要になるのでしょうか?

答えに書いたように、本業以外の副業で所得を20万円を越えた場合、確定申告が必要になります

また、覚えてほしいのですが、収入=所得ではありません

「収入」は「売上」のことで、「所得」は、「経費」を引いた「利益」のことになります。

売上(収入)- 経費= 利益(所得)

なので、売上から経費分を差し引いた利益分が20万円越えなければ、確定申告をする必要はありませんのでご注意ください。

副業 確定申告 必要

まとめ

こちら会社員(給与所得者)が「確定申告」を必要な場合をまとめました。

  1. 住宅ローンの初年度である。
  2. 給与の年間収入金額が2,000万円を越えている。
  3. 1箇所から給与の支払いを受けている人で給与所得及び、退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を越えている。
  4. 2箇所以上から給与の支払いを受けている人で、主たる給与以外の旧金額と給与所得及び、退職所得以外の金額の合計額が20万円を越えている。
  5. 雑損控除、医療費控除、寄付金控除をする。

主だった確定申告が必要な場合は以上ですが、上記以外も特殊なケースで確定申告が必要なこともあります。

最後に、副業で得た所得は、20万円を超えなければ確定申告は必要ありません。

確定申告の対象者まずはどんな人が、確定申告するべき対象になるのでしょうか。・給与を1つの事業所から受取り年末調整を済ませているビジネスマンの場合アフィリエイト等、他の所得合計額〈給与所得、退職所得除...