Topページ > 不動産 > マンションマーケット、JR駅近マンション数ベスト20調査、1位は八丁堀、2位は…
公開日:2017年4月4日
株式会社マンションマーケットがJR駅近マンション数ベスト20を調査。1位に輝いたのは…

株式会社マンションマーケット(本社:東京都中央区、代表取締役:吉田 紘祐)は、2017年4月4日にJRの駅近マンションの数ベスト20を発表した。

このJR駅近マンション数ベスト20は、同社が運営するサイト「マンションマーケット」のデータ用いて、東京23区内のJR線にある駅を対象に、駅から徒歩5分圏内に存在するいわゆる「駅近マンション」の数が多い駅ベスト20を2017年3月に調査したものである。なお、「マンションマーケット」は中古分譲マンションが掲載されているため、新築マンションについては対象外である。

【JR線】駅近マンション数ランキング<駅名:マンション数(棟)/平均㎡単価(円)>

  • 1位   八丁堀 :109/747,610
  • 2位   駒込  :92/642,425 
  • 3位   馬喰町 :89/754,160
  • 4位   五反田 :86/672,067
  • 5位   大塚  :77/597,054
  • 6位   恵比寿 :76/971,977
  • 7位   池袋  :75/642,201
  • 8位   荻窪  :74/646,664 
  • 8位   浅草橋 :74/676,300
  • 10位 西荻窪 :71/656,785
  • 11位 市ヶ谷 :69/933,985
  • 12位 渋谷  :64/897,328
  • 13位 大森  :63/651,233
  • 14位 目白  :59/709,187
  • 15位 東中野 :58/677,964
  • 16位 高田馬場:54/694,799
  • 17位 亀戸  :52/562,536
  • 18位 大久保 :51/695,875
  • 19位 巣鴨  :50/651,803
  • 20位 板橋  :48/577,239

駅近マンションが最も多かった駅は、京葉線の八丁堀駅の109棟で、2位の山手線の駒込駅92棟に大きく差をつけているが、ベスト20のうち、山手線にある駅が約半数を占める形となっていた。山手線は、東京23区をぐるっと円を描く形で走っていることから、主要ターミナル駅への乗り入れが多いだけでなく、利用者が多い人気の路線である。そのため、マンション需要も多いことが結果に表われているといえる。
〜関連記事〜
日神不動産(8881)株主優待、マンションが1%割引になる割引券が手に入る
知らないと後悔する、中古マンション購入の落とし穴
マイホームは「持ち家」か「賃貸」か、その決め手は「ライフデザイン」
不動産会社では教えてくれない、注意すべき住宅ローン控除の落とし穴とは
不動産オーナーに!?投資信託「不動産型」の仕組みを解説