Topページ > 不動産 > マンション購入後のアフターサービス満足度調査について結果発表、満足度が高いのはあのディベロッパー!
公開日:2017年3月13日
[住まいサーフィン] 入居者700人の声 「新築マンションアフター満足度ランキング2017」の公表

「スタイルアクト株式会社」が、2011年以降住まいサーフィンで新築分譲マンションに入居し、アフターサービスを受けた人を対象に、「アフターサービスの満足度」について調査した。

[住まいサーフィン] 入居者700人の声 「新築マンションアフター満足度ランキング2017」の公表

回答者に、問い合わせ時の返答、口頭での説明、正しい補修や現地確認など、アフターサービスのレベルをどの程度満たしているのか確認し、「8割以上満たす」回答率でランキング化した。 結果、1位となったのは野村不動産で、92.5%となった。続いて2位が住友不動産で92.3%。3位は三井不動産レジデンシャルが91.9%だ。 このように、アフターサービスについては、どの企業も優秀で、差がつきづらい状況であることが分かる。高い水準のレベルを維持できているということがわかる。

[住まいサーフィン] 入居者700人の声 「新築マンションアフター満足度ランキング2017」の公表

今後のアフターサービスへ水準への期待度について、マンション居住者は複数企業のアフターサービスを同時に何回も受けることができないため、「アフターサービス総合満足度ランキング」と異なる結果となった。1位となったのは三井不動産レジデンシャルで85.1Ptとなり、続いて2位が野村不動産で85.1Pt、3位が三菱地所で83.6Ptレジデンスだ。三菱地所は総合満足度でも1位を獲得している。

[住まいサーフィン] 入居者700人の声 「新築マンションアフター満足度ランキング2017」の公表
〜関連記事〜
マイホーム購入前に知っておきたいお得な税金控除と補助金
マイホームは「持ち家」か「賃貸」か、その決め手は「ライフデザイン」
住宅ローン見直しをする際に注意すべき3つのポイントとは
流行りの中古住宅購入リフォーム、テレビで教えてくれない財政メリットと注意点とは
不動産会社では教えてくれない、注意すべき住宅ローン控除の落とし穴とは