Topページ > 年金 > マニュライフ生命、新たな外貨建て年金保険を京都銀行通じて発売開始
公開日:2017年3月13日
マニュライフ生命、『こだわり個人年金(外貨建)』を新たに京都銀行で発売

マニュライフ生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表執行役社長兼CEO:ギャビン・ロビンソン)は、個人年金商品である「こだわり個人年金(外貨建)」を2017年3月13日より京都銀行を通じて販売する。

「こだわり個人年金(外貨建)」は、毎月一定額払い込んだ円を米ドルや豪ドルの契約通貨に換算して積立金として運用されるなどを特徴とする無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)である。積立利率について最低保証が設定されていることや健康相談などの付帯サービス、告知なしで加入できることが特徴。相場やライフスタイルによって払い込み期間を延長できるなど柔軟なしくみにもなっている。

高齢化が進むとともにライフスタイルが多様化している現代において、リタイヤ後の生活に対する資金準備手段のひとつとして、年金保険商品への需要が高まっている。このような自分自身で将来に備えたいとするニーズに応える形で、今回の「こだわり個人年金(外貨建)」の商品提供に至ったという。

〜関連記事〜
2017年からこう変わる、新しい年金・税金・補助金制度について
今年から対象拡大、個人型確定拠出年金を始めるべき3つの理由とは
確定拠出年金(iDeCo)を【元本保証型商品】で運用するメリットとデメリットは?
NISAや確定拠出年金(iDeCo)、組み合わせで非課税メリットを最大限に享受しよう
実は違う、確定拠出年金(iDeCo)業種別での金融機関の特長とは