Topページ > ライフスタイル > 漫画「ドラゴン桜」主人公のプロデューサーを副業・兼業限定で公募 !
公開日:2019年7月29日

転職サイト「ビズリーチ」上で、VTuber(バーチャルYouTuber)となった漫画「ドラゴン桜」の主人公・桜木建二のプロデューサーを公募すると発表しました。

副業 ドラゴン桜 ランキング おすすめ

転職サイト「ビズリーチ」上で、VTuber(バーチャルYouTuber)となった漫画「ドラゴン桜」の主人公・桜木建二のプロデューサーを公募すると発表しました。

公募は副業・兼業限定で、2019年7月29日(月)に開始。これにあわせて、ビズリーチ会員約40名を対象に公募説明会を開催し、VTuberの桜木建二が本公募の概要を説明、公開質問会では参加者からの質問にその場で回答してもらえます。

「働き方改革関連法」の施行が始まり、転職サイトが、副業・兼業専用の求人情報が増えてきています。

 

〜〜 以下、発表資料より 〜〜

 

■急成長中の VTuber 市場、漫画主人公 VTuber のプロデューサーに外部プロ人材を登用

日本の VTuber 数は 8,000 人を突破し*3、VTuber 動画の再生回数が 2018 年 1 月から 7 月の
6 カ月間で 3.4 倍の 7.8 億回*4 に急増。自治体や企業のマーケティング施策にも活用されるよう
になってきました。このようななか、コルクと Activ8 株式会社は、漫画「ドラゴン桜」(コミッ
クスの累計発行部数は約 600 万部)の主人公である桜木建二を VTuber として共同プロデュース
し、2018 年 12 月に YouTube チャンネル「ドラゴン桜チャンネル」を開始。このチャンネルで
は、大学受験対策をはじめ、ビジネスパーソン向けのコーチングなどの動画を公開し、桜木建二
が講師として指導しています。

このチャンネルを盛り上げるためには、コンテンツ企画から効果検証まで行えるデジタル領域
に強いプロデューサーが必要です。コルクは、今までにないクリエイティブなものを生み出すた
めには外部人材の登用が重要と考えました。そこで、優秀なプロフェッショナル人材を広く募る
ために、即戦力人材 166 万人以上*5 が登録する「ビズリーチ」にて、副業・兼業限定で VTuber
桜木建二のプロデューサーの公募を実施します。人材獲得競争が激化するなか、これまでにない
採用手法でクリエイティブな方にご応募いただくべく、公募説明会では VTuber 桜木建二が登場
します。また、公募ページでは「ドラゴン桜」の特別編として、漫画で募集背景や公募の概要を
説明します。

■副業・兼業人材の登用が企業のイノベーション促進の新しいモデルに

政府は「働き方改革」の一環で副業・兼業を推進しています。また、ビズリーチの会員にアン
ケートを実施したところ、83%が「今後、副業・兼業をやってみたい」と回答し*6、副業・兼業への関心の高さがうかがえます。一方、企業の副業・兼業解禁が広まってきていますが、受け入
れ企業はまだまだ少ないのが現状です。今回の取り組みを通じ、企業がイノベーションを促進す
るために副業・兼業人材を登用する新しいモデルづくりを目指します。また、VTuber という新
技術を活用した新しい仕事を創出することで、プロフェッショナル人材に新たなキャリア形成の
機会を提供します。

■「ドラゴン桜」について

「ドラゴン桜」は2003年から講談社の漫画雑誌「モーニング」で連載を開始。三田紀房氏による同作は、コミックスの累計発行部数は約600万部、多くの受験テクニックや勉強法を紹介することで大きな話題に。2018年からは「ドラゴン桜2」として再び連載を開始。

■桜木 建二(さくらぎ・けんじ)について

漫画「ドラゴン桜」桜木 建二(さくらぎ・けんじ)

桜木法律事務所の所長を務める東大卒弁護士。前作「ドラゴン桜」では私立龍山高校に「特別進学クラス」を創設し、担任を受け持ち、平均偏差値36の高校生を相手に勉強のノウハウを伝授して東京大学へ現役合格させるまでのストーリーを描いている。続編となる「ドラゴン桜2」では、前作の10年後を舞台とし、東京大学合格者がゼロとなった龍山高校を再建するために理事に就任。「東大進学クラス」を設置し、最新の勉強方法を取り入れて東京大学への現役合格を目指すストーリーを描いている。

■株式会社コルク 代表取締役 佐渡島 庸平 略歴

1979年生まれ。東京大学文学部卒。講談社を経て、2012年クリエイターのエージェント会社、株式会社コルクを創業。三田紀房、安野モヨコ、小山宙哉ら著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。従来の出版流通の形の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築を目指している。

【参考】VTuber市場動向(弊社が独自に調べた情報です)

・キズナアイが日本政府観光局(JNTO)の定める「訪日観光促進アンバサダー」に就任(2018年3月)

・株式会社グリーがVTuber特化型のライブエンターテイメント事業を開始、約100億円を投資(2018年4月)

・株式会社CyberZがバーチャルストリーマー事業に特化した新会社である株式会社CyberVを設立(2018年4月)

・株式会社ディー・エヌ・エーが自社アプリのキャラクターのVTuberデビューを発表(2018年)

【参考】各社のユニークな採用手法(弊社が独自に調べた情報です)

・化粧品メーカー伊勢半グループが自分らしいメイクや服装で行う「顔採用」を実施(2020年度新卒採用)

・スターティア株式会社など複数社が「麻雀採用」を実施(2020年度新卒採用)

・株式会社カヤックがゲームのうまさで採用を行う「いちゲー採用」を実施(2017年~)

■株式会社コルクについてhttps://corkagency.com/

クリエイターエージェンシーとして2012年設立。クリエイターとエージェント契約を結び、作品編集・電子書籍の出版、ECサイトやファンコミュニティ運営などを行う。主な契約クリエイターは、三田紀房、安野モヨコ、小山宙哉、平野啓一郎。

■即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは企業と求職者が直接やりとりできるプラットフォームがなかった人材業界において、人材データベースを企業に開放することで採用市場を可視化しました。現在は累計11,000社以上、166万人以上(2019年7月現在)の会員の方にご利用いただいています。