Topページ > ライフスタイル > 独身シニア男性の約3割が「ウォーキングコン」に参加意欲あり、一方の女性は…
公開日:2017年4月6日

株式会社大和ネクスト銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村比呂志)は、シニアの“スポーツやレジャーに対する意識と実態”を探るため、インターネットリサーチにより調査を行った。

調査方法

2017年3月1日~3月2日の2日間、全国のシニア(60歳~79歳)の男女を対象に、インターネットリサーチ。1,000名の有効サンプルを集計したもの。調査協力会社はネットエイジア株式会社。調査結果は以下のとおり。

シニアの生活意識・健康に関する意識と実態

シニア層は、現在の生活についての満足度について「非常に満足」、「どちらかといえば満足」と回答した人が75.4%となり、概ね満足しているといえる。次に、スポーツ・運動、レジャーの実施状況に関する満足度について、約半数のシニア層が満足と回答している。

シニアのスポーツ・運動に関する意識と実態

シニア層について普段スポーツを実施しているかについては、67.4%が行っていると回答。男女別では70代男性が84%と比較的高い割合となっている。この理由としては、「健康・体力作りのため」が85.3%、「運動不足解消」が51.2%、「趣味・楽しみ」が34.6%となった。1カ月の平均支出額は8,435円となっている。

シニアのゴルフ事情

ゴルフをしているシニア層97名について詳細を調査。年間平均ラウンド数は、15.7回。平均スコアは100台が38.7%と最も多かった。プレー代の平均は10,709円となった。

シニアの日帰りレジャー

シニア層が今春楽しみたい日帰りレジャーは、「花見」が61.5%、「温泉」が39.4%、「ドライブ」が31.7%となっている。ゴールデンウィークについては「温泉」が最多の25.2%となった。花見ツアーに参加する予算としては15,556円と回答されている。

「◯◯コン」参加の興味

スポーツやレジャーを通じて男女が仲を深めるコンパである「○○コン」、シニア層の青春時代にはおなじみのコンパ。このコンパについて、独身シニア208人について調査したところ、参加経験について「ウォーキングコン」が8.7%、次いで、「山コン(登山・トレッキング・ハイキング)」が7.7%。参加意向についても、「ウォーキングコン」が最も高く26.5%、次いで、「山コン(登山・トレッキング・ハイキング)」が13.5%とやはり高い確率になっていた。

次に、参加意向についてみると、「ウォーキングコン」が最も高く26.5%、次いで、「山コン(登山・トレッキング・ハイキング)」が13.5%、「卓球コン」5.3%、「テニスコン」4.8%、「ゴルコン(ゴルフ)」4.3%と続いた。 また男女別にみると、「ウォーキングコン」は男性では36.5%、女性では22.0%となり、「山コン(登山・トレッキング・ハイキング)」は男性では20.6%、女性では10.4%となり、男女で若干の差があった。

シニアが選ぶ、スポーツ・運動についての芸能人ランキング

シニア層が一緒にスポーツや運動を楽しみたいと思う芸能人は、明石家さんまさん、タモリさん、吉永小百合さんの順で多かった。

また、ゴルフを教えて欲しいプロゴルファーは石川遼さん、テニスでダブルスを組みたい芸能人は松岡修造さん、一緒に登山に行きたい芸能人はタモリさん、ジムインストラクターは武井壮さんが最も高い回答数を得ていた。
〜関連記事〜
マイホームの購入前に考えよう、自分なりの「ライフデザイン」の描き方
エイチ・アイ・エス(9603)の株主優待でお得に海外旅行を楽しむ
株主優待 全日本空輸 ANA(9202)、旅行好きは要注目銘柄
旅先で使える!目的別最強クレジットカード5選
「ふるさと納税」沖縄高級銘柄あぐー豚1万円台で貰える返礼品を厳選して5つ紹介