Topページ > ライフスタイル > 楽天トラベル、2017年春の国内カップル人気エリアをランキング発表
公開日:2017年3月23日
楽天トラベル、2017年 春の国内カップル旅行 人気上昇エリアランキングを発表

「楽天トラベル」がカップル人気の国内旅行エリアを調査・発表

2017年3月23日、「楽天トラベル」が2017年3月1日(水)から2017年4月28日(金)間の国内旅行の人気エリアをランキングで発表した。今回、調査対象としたのは、成人男女2名利用の予約人泊数(予約人数×泊数)である。

2017年 春の国内カップル旅行 人気上昇エリアランキング トップ10

1位 三重県 伊勢・二見 +61.6%
2位 富山県 富山市・八尾・立山山麓 +48.6%
3位 山形県 山形市内・蔵王・かみのやま温泉 +48.5%
4位 栃木県 鬼怒川・川治・湯西川 +44.8%
5位 鹿児島県 南薩(指宿・枕崎) +44.6%
6位 大分県 大分市内 +43.9%
7位 宮城県 秋保・作並 +42.6%
8位 三重県 志摩(賢島・磯部・浜島) +41.7%
9位 静岡県 東伊豆・河津 +39.3%
10位 島根県 松江・玉造・安来・奥出雲 +38.5%

1位は三重県伊勢・二見エリア

堂々の1位に輝いたのは、三重県伊勢・二見エリアだった。2016年5月に「伊勢志摩サミット」開催で知名度を上げた事が一つの要因と思われる。また、伊勢二見鳥羽ラインが無料化した事や、サンアリーナ会場にて2017年4月21日から5月14日まで「お伊勢さん菓子博2017」が開催される事もあり、カップル人気が集中した。

2位は外国人旅行客指示を集めた富山県の富山市・八尾・立山山麓エリア

次いで2位にランクインしたのは、富山県の富山市・八尾・立山山麓エリアだ。こちらは外国人旅行客の予約が増加中である。雪の歩行者用通路「雪の大谷」を探索できる立山黒部アルペンルートの全線開通日が今までよりも早めの2017年4月15日である事も、人気エリアに食い込んだ理由だろう。

3位山形県の山形市内・蔵王・かみのやまは温泉が人気

3位にランクインした山形県の山形市内・蔵王・かみのやま温泉エリアは、かみのやま温泉を中心に人気が集中している。首都圏在住者の予約が前年のおよそ2.2倍である事や、「『山形日和。』花回廊キャンペーン」を例年よりも約1ヶ月早めに開始した事でランキング上位に食い込んだ。

4位に栃木県の鬼怒川・川治・湯西川エリアがランクイン

関東地区の人気エリアとして最も上位にランクインしたのが、栃木県の鬼怒川・川治・湯西川エリアだった。日光・鬼怒川方面と都心を結ぶ特急列車を増やした事で、旅行客が足を運びやすい環境を作った事がカップル人気を増やした要因だと思われる。

〜関連記事〜
ふるさと納税で賢く旅行「50,000円旅行クーポン」厳選5品
最強カードはこれだ!FPが選ぶクレジットカードランキング
賢いカードの使い方!クレジットカードのメリットを十分に活用しよう
インヴァスト証券、貯めたポイントで積立投資できるクレジットカード発行
バフェットに学ぶ「お金の教育」の大切さ