Topページ > ライフスタイル > あなたの年収、適正ですか?日本の2人に1人が「給与に不満」
公開日:2017年3月16日
あなたの年収、適正ですか?日本の2人に1人が「給与に不満」

外資系人材紹介会社であるヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ)は、「ヘイズ・アジア給与ガイド」の結果に基づき、2017年3月同社が運営するウェブサイト上における年収査定の情報をアップデートした。「ヘイズ・アジア給与ガイド」は、アジア5カ国・地域における1,200の職種についての給与水準を調査したものである。

従業員の意識調査の結果において、転職の理由が「給与」と回答した人が12%増加したという。また、現状の給与について「不満」と回答した人が53%と日本の2人に1人が現状の給与に不満を抱いているとの結果になった。また、給与水準の調査結果においては、日本の管理職や高度なスキルを要求される職務への給与額について、中国・香港・シンガポールに抜かれているばかりか半額以下のケースも見られたという。

これらの結果を踏まえて、同社としては日本の給与水準を国際的な水準に見直すよう啓発を行っていくとしている。求職者に対しては、スキルアップした場合の年収を把握しておくよう勧めている。

~関連記事~
家計の財布を複数の銀行口座で使い分けする際の、お得な銀行はこれだ
還付が早くなることも、確定申告にe-Taxを使うべき5つの理由
今からでも間に合う、2017年確定申告の完全指南書
効果的な家計管理術、家計決算をまとめて資産債務のバランスを意識しよう
副業者必見、アフィリエイトの副収入は確定申告すべき?