Topページ > ライフスタイル > 終活コンシェルジュ、高齢者の身元保証サービス「ささえ」提供開始
公開日:2017年3月14日
高齢者の身元保証サービス「ささえ」提供開始しました- 急速に進む高齢化において、預託金がない安心サービスを発表 -

高齢者事業を幅広く手掛ける一般社団法人終活コンシェルジュ(所在地:東京都新宿区、代表理事:斉藤進)は、身元保証サービス「ささえ」の提供を開始すると2017年3月14日に発表した。

高齢者の身元保証サービス「ささえ」は、病院や介護施設へ入院・入居する際に法人として「連帯保証人」や「身柄引受人」になるというサービスである。契約金は20万円、保証料初年度2万円(次年度以降1万2千円)、管理費として月額1万円が料金として掛かる仕組みだ。

病院へ入院する際や介護施設へ入居する際には必ずといっていいほど、身元保証人などが要求される。しかし単身の高齢者にはそのような身元保証人となる人がいないため、業者のサービスを利用することになるが、料金体系などがわかりにくいとの声や預託金をめぐるトラブルが生じているという。このような状況を受けて今回身元保証サービスを提供開始するに至ったという。

【Soldieを購読する場合はこちら
follow us in feedly

〜関連記事〜
これだけは知っておきたい確定拠出年金の運用における基礎知識
長生きはリスクに?備えるための個人年金保険の基本的仕組みとは
2017年からこう変わる、新しい年金・税金・補助金制度について
個人年金保険、タイプ別のオススメ保険はどれ?
タイプで理解する、個人年金保険の最新トレンドと今昔