Topページ > ライフスタイル > 誰でもデキる!?「自分を10倍大きく見せる恋愛テクニック」がズルすぎる
公開日:2017年5月4日

 こんにちは。ライターの北条かやです。前回の記事(「成功するベンチャー経営者が『女性に絶対、しないこと』」)では、若くして成功するベンチャー経営者の恋愛事情について書き、たくさんの反響をいただきました。今回はその「真逆のパターン」で、デキる男の「ふり」をしたズルい男の「テクニック」をご紹介します。

「お金持ち」と思わせるのは簡単だ

「彼はセレブ社長なんです。この前のデートでは外車でレインボーブリッジを走って、夜景を見たんですよ。同世代の男子とは『格』が違います。有名人の知り合いも多いし、仕事もデキるんです」(Kさん)

24歳の女性(Kさん)は、新卒で就職した2年目OL。恋愛マッチングアプリで知り合った33歳の「自称ベンチャー経営者」と交際している。私は彼女から様子を聞いて「その男は怪しい」とうすうす感じたが、Kさんは心酔しているようだ。

彼女の同世代である20代は「さとり世代」と呼ばれ、昔の若者がこぞって買った車やブランド品を欲しがらず、ファストファッションで満足し、恋愛にも消極的だといわれる。ところが33歳の彼は違う。外車でドライブデート、Kさんを連れていくのはおしゃれなレストランで、服は百貨店のハイブランドしか着ないのがこだわりだ。「有名人と電話で話しているところを見せてくれるから、きっとセレブなんですよ!」とKさん。

それならよほど儲かっているのかと思うが、彼の言動にはややおかしな点が目立つ。Kさんに聞くと、彼はセレブの集まるパーティーへ行った話をしてくれるが、「有名人のプライバシーを守るため」と写真やFacebookを見せてくれることは絶対にない。そんな彼をKさんは「セレブの秘密を守る、真面目な人」だと思っている。なんだかおかしいと思いませんか。

「赤字にするために」経費を使いまくる

さらに「彼は1円で起業」し、オフィスはもっておらず「儲かっているけど、決算を赤字にしようと利益はゼロ円にしているって言うんです。そのために先日、フェラーリを買ったって」。ふむふむ、確かに資本金1円でも起業はできるので、そこに嘘はないのだろう。が、利益が上がりすぎたから経費を増やすのではなく、最初から「赤字にするためにフェラーリを買った」とはこれいかに。本当に彼は「お金持ちのセレブ社長」なのか……?

「デート代は全て彼がカードで払ってくれる」というKさん。カード払いは借金なので、彼がお金持ちである証拠にはならない。ブラックカードならまだ「お金持ち」の雰囲気があるが、Kさんによると彼のカードは「銀色に赤の◯が印字されている」らしいので、楽天カードか何かであろう。楽天カードに罪はないが、彼のキャッシュが豊富である証拠はどこにもない。

あげく彼は連絡もマメで、LINEは即レス、毎日1時間は電話してくるらしい。Kさんはそんな彼を「マメで、私を大切にしてくれる」と喜んでいるが、ベンチャーを経営する33歳男性が、そんなに時間があるものだろうか。

私が取材した若手経営者はみんな仕事に精一杯で、デートどころか会社に寝泊まりが当たり前だと聞くが、Kさんの彼はいつ電話しても出てくれるという。本当に仕事をしているのだろうかと勘ぐりたくなる。心配になりつつも彼女が幸せならまあいいかと見守っていると、彼女が悩ましげに相談してきた。

「新規事業に出資しないか」

「彼がこの前、『新規事業立ち上げのために50万円出資しないか』と言うんです。50万円もなければ、7万円でもいいからすぐ振り込んで欲しいって」……7万円? Kさん、それは赤字企業にも必ず課税される「法人住民税」とおんなじ額だ。ホントは彼、税金を払うキャッシュもないんじゃないの? と思ったが言えなかった。

とにかく男女の間で「お金の貸し借り」は止めたほうがいいと忠告したが、Kさんはその後、彼に50万円貸し、返ってこないまま別れてしまった。彼は「お金持ち」でもなんでもなかったのだ。良くも悪くも、自分を大きくアピールするテクに長けていたのだろう。

ましてや相手は、うら若い女性だ。セレブとの付き合いを匂わせ(ただし電話だけで証拠はない)、派手な消費をし(カード払いならキャッシュがなくても可能)、ベンチャー社長という華やかな肩書で女性を口説く(社長には誰でもなれるが「セレブ社長」のお金持ちであるとは限らない)。細かなテクニックを組み合わせれば、男性が恋愛相手に「自分を大きく見せる」のは簡単なのかもしれない。Kさんには夢の跡だけが残った。

【前のコラム】 成功するベンチャー経営者が「女性に絶対、しないこと」

ふるさと納税でアウトドア用品が豊富に揃っている暖かい季節になってきました。そろそろ、夏のキャンプに向けて準備を始めてる方も多いのではないでしょうか。今回は、その中でもふるさと納税でもらえる「アウト...
2017年春、生命保険料値上げ今年の春より、新たに生命保険に契約する人については値上げすると保険各社から発表がでました。今回、保険料の値上げされる要因は、保険会社が利益として見込む運用益が、この長期に...

【関連コラム】
京阪神は倒れてナンボの世界。タダでは起き上がらへんで〜!
初心者でもわかる!会社四季報の読み方をマスターしよう
バフェットに学ぶ「お金の教育」の大切さ