Topページ > ライフスタイル > メルカリから見る、個人間取引アプリで稼ぐという選択
公開日:2017年3月10日

盛上がりを見せる個人間取引サービス

 フリマアプリの最大手メルカリが、昨年の11月に売上高122億円を突破しました(官報決済報告2016年6月期(15年7月~16年6月)より)。売上が黒字を達成したのは今回が初めてとのことです。

同社のアプリは、ダウンロードする際の手数料は無料です。しかし、アプリを通してフリーマーケットで物が売れた場合には、販売価格10%の販売手数料が利用者から徴収されます。昨年のメルカリの売上発表を踏まえると、現在は以前にも増して個人間取引(以下、CtoC)のビジネスが盛り上がりを見せています。

私たちにも稼ぐチャンスがある

個人対個人のサービスを提供している企業はメルカリに限らず、他の業種でも色々とでてきています。例えばサンフランシスコ発のベンチャー企業「Airbnb(エアビーアンドビー)」は、「自分の家(民家など)を貸せる人」と「部屋を借りたい人」を対象に、個人間で宿泊先をマッチングするサービスを提供しています。また、同じフリマでも手作りのアクセサリーや陶器、家具に特化したminneというサービスもリアルのフリマで販売していた層に一部で支持されています。

こうしたCtoCビジネスが好調な状況からも、私たちが個人で商売をはじめても一定の利益を生み出せる時代にはなってきましたが、いざ始めようとしても競合の販売者も多く、素人がいきなりそのようなやり方をしてしまうと、ノウハウがないため失敗しやすくなりがちです。そうならないためにも、まずは販売実績の多い他ユーザーの出品での紹介方法、写真、価格決めを徹底的に研究して、多くの他商品に埋もれないような見せ方や値決めをする工夫が必要になります。

注意すべきは売上にかかる税金

もしCtoCビジネスで成功したいなら、まずは副業として20万円以下を稼ぐ事を考えましょう。ただし、会社勤めの方が副業としてC to Cビジネスを始める場合、気をつけるべき事があります。

それは売上に対する所得税です。サラリーマンとして働いている場合、給与以外の所得が20万円以上になると確定申告が必要になります。そうなると副業分の住民税が特別徴収明細書に明記されて会社へ通知されるので、会社に副業をしている事がバレてしまうので注意しましょう。会社によっては、副業を認めているところも増えてきましたが、まだまだ禁止しているところも多いもの。会社に知られず「CtoCビジネスでどこまで力を発揮できるか」挑戦したいなら、副業で稼ぐ金額は20万円に届かないようにするのが無難です。

しかし、どうしてもそれ以上稼ぎたいならば、確定申告をする際に確定申告書第二表の「住民税に関する事項」の納付方法選択で、「自分で納付」の箇所にマルをつけてください。あなたが副業で稼いだ分の税金は、送られてきた納付書をもとに納めれば良くなります。税金額の違いから会社に副業を行なっている事がバレる事はなくなるので検討してみるのもいいでしょう。

 

軌道に乗ったら青色申告するのも◎

さらに、売り上げが発生するようになったら、青色申告をしてみる事をおすすめします。これはあなたが住んでいる管轄の税務署に、事業主の届けである「青色申告承認申請書」を提出するだけで完了します。提出期間は新しく業務を開始しようとする年の2月中旬〜3月15日までです。もし、1月16日以降に業務を開始した場合は、その事業を開始した月から2ヵ月以内が提出期限となるのでご注意ください。

青色申告の一番のメリットは、最高65万円の所得控除が受けられる事にあります。かかる税金を青色申告未提出時よりも、減らす事ができる点は魅力的です。ただし、青色申告による控除を受ける場合には、「青色申告承認申請書」提出に加えて複式簿記の記帳が必要です。経費がかかった場合は、その時のレシートや領収書も残しておく必要があります。忘れずに保管しておいてください。

工夫次第で稼げるチャンスは多い

いきなり会社を辞めて、事業を興すというのはリスクが高めです。しかし、少しずつノウハウを取得して、独立する事は可能です。特にCtoCビジネスの波に乗り、自分で稼ぐやり方を覚えておくと、万一会社でリストラがあったときなどでも、そのノウハウが生きてくる事があります。無理のない範囲で副業にトライしてみてはいかがでしょうか。

※ここに掲載している情報は2017年3月上旬現在のものです。今後制度が変わる可能性もありますので、ご注意ください。