Topページ > ライフスタイル > 2019年6月【副業QandA】会社に副業していることをばれない方法とは?
更新日:2019年6月14日

副業は、住民税を給与から天引きする形(特別徴収)で納付していると会社にバレます。

Q:そもそも、会社に副業していることは、ばれてしまうものなのか?

会社 副業 バレる? おすすめ

A:会社が自分の「住民税」を払っているとばれまてしまいます。

会社員の住民税は、本人に代わって会社が支払って、給料から天引きされています。

副業で支払われる所得に対して、自治体は、住民税の計算をして、支払いを請求してきます。その請求は、自治体から副業の会社へ行くのではなく、本業の所得と、副業の所得を足した分に税率を算出した住民税が、本業の会社へ請求が行ってしまいます。

そうすると、会社側で、住民税が本業の給与に対して高くなっていることに気づき、バレてしまうのです。

ただ、「住民税」から副業がばれにくくする方法はあります。

住民税を会社側ではなく、自分で納めればよいのです。

住民税 支払う 副業 バレる

そもそも、会社が自分の住民税を払っていることを特別徴収と言い、自分で住民税を支払うことを普通徴収と言います。

もちろん、その分役所へ支払いの手続きをするなど、余計な工数はかかってしまいますが、会社にバレてしまうリスクをとるよりも良いですよね。

住民税を自分で納付する手続きする方法

会社員ですと、年末調整をしているかと思いますが、何かしら理由をつけて確定申告に切り替えると、確定申告書第二表の「住民税に関する事項」の欄への記入で、住民税の申告と納付方法を、会社でしてもらうか、自分で支払うか選択できる欄があるので、「自分で納付」に○をすれば、住民税の納付書が送られる普通徴収に変更できます。

まとめ

会社員をしながら副業をするときは、本業の就業規則をまず確認しましょう。

働き方改革で、時間が余裕はできますが、まだまだ、多くの会社は、副業は本業に差し支えがあるとして禁止していることが多いのは事実です。

また、会社の就職規則上では大丈夫だけど、本業で頑張っている同僚や上司にバレたくないという方が多いのではないでしょうか。

確定申告の対象者まずはどんな人が、確定申告するべき対象になるのでしょうか。・給与を1つの事業所から受取り年末調整を済ませているビジネスマンの場合アフィリエイト等、他の所得合計額〈給与所得、退職所得除...
フリマアプリやネットオークションの隆盛スマートフォンの普及に伴い、「メルカリ」などに代表されるフリマアプリの利用者は、ここ数年で急速に増えつつあります。個人がネットで物を売る手段と言えば、これまで...
Q:副業で「収入」を得ると確定申告は必要?A:副業で「所得」が20万円を越えると確定申告が必要になります。副業をして収入を得ると気になっていくるところが税金問題です。あとあと問題にならによう、所得に対...