Topページ > ライフスタイル > お店でも使える?こんなところでつかえるビットコイン
更新日:2017年3月22日

ビットコインというと投資のイメージがあるかもしれませんが、すでにネットショップや実店舗でビットコイン決済ができるようになっています。ビットコイン決済の方法と使えるサービス内容を見てみましょう。

ビットコイン決済の方法は?

ネットショッピングなどオンライン上でビットコイン決済をする場合を考えてみましょう。商品をカートに入れて支払い画面に進むと、クレジットカード・銀行振り込みなどの決済画面になると思いますが、そこでビットコインを選択します。するとそのネットショップのビットコインアドレスが表示されます。そのビットコインアドレス宛に代金分のビットコインを送金すれば決済完了です。ネットバンキングでの振り込みのように簡単に決済することができます。

では次に、実店舗でビットコインを使う場合はどのように使う場合、例えば、食事をしてレジでお金を払う場合を考えてみましょう。この場合、あらかじめスマートフォンにビットコイン口座のアプリを入れておくことが必要です。そのアプリで店側が用意したQRコードを読み取ると、ビットコインアドレスが自動で入力され、簡単に決済することができます。

以上は直接直接お店のアドレスに送金するやり方でしたが、そうではなく、ネットショッピングでも実店舗でもcoincheck、bitWireSHOP、ZaifPaymentなどの決済業者のアドレスに送金する方法があります。クレジットカードで決済するのと同じようなイメージで、店舗側が決済業者のサービスを利用していれば、この方法で決済することができます。決済業者を挟む場合、商品を買う側からするとあまり大きな差はありませんが、店舗側からすると大きな違いがあります。coincheckを例にすると、店舗側がタブレットなどでcoincheckのアプリを開き伝票を作成します。すると送金先のアドレスが作成されるので、客はそのアドレスに代金のビットコインを送金します。送金先はcoincheckになっており、その後coincheckは店舗側に日本円で支払いをして、すべての決済が完了となります。ビットコインの受け取りから店舗側への支払いまでに時間差がありますが、その間のビットコイン価格の変動についてはcoincheckが負担します。店舗側はcoincheckへの対価として売り上げの1%を払うことになっていますが、それだけでビットコイン価格の変動リスクを受けることなくビットコイン決済を導入することができるのです。実店舗で使う場合は、店側が決済業者を利用していれば支払金額の情報まで入ったQRコードが都度作成されますので、アプリ上で送金ボタンを押すだけで決済完了となります。

実際にどんなところで使えるのか?

ふるさと納税、買い物

ネットショップやネットサービスでは「DMM.com」のような動画や「Wafelhuis」というワッフルの通信販売などで使うことができます。その他、取引所によっては独自に商品を取りそろえていて、その取引所の口座に残高があればそのまま購入できるようになっています。国内大手取引所のbitFlyerではAmazonギフトカードやEdyギフトID、電子書籍、パソコンなどを購入できます。

また実店舗でも利用可能な店舗が増えていますが、やはり多いのは飲食店のようです。居酒屋、レストラン、焼き肉屋、回転寿司店など、全国的に利用可能店舗は増えてきています。また、ネイルサロンやエステなどでも東京を中心に利用可能店舗が徐々に増え始めました。少し変わったところでは、英会話・中国語教室などでも使えるところがあります。海外の方がビットコインの取引は多いですから、ビットコイン決済にも慣れているのかもしれません。キャンプ場でもビットコインを使えるところがあります。岐阜県にある「郡上八幡自然園」ではビットコイン決済のキャンペーンなどを行うこともあります。法律事務所でも使えるところがあります。「未来総合法律事務所」では、一部の弁護士に限られますが、弁護士費用をビットコインで支払うことができます。(詳細はお問い合わせください)

このように利用可能店舗は増えてはいるのですが、まだごくごく一部といったところです。せっかくビットコインを使いたくてもどこで使えるのかわからないということになる可能性が高いです。そんな時は「coinmap」というサイトを利用してみるのも一つです。地図上にビットコインを使えるお店が表示されますので、今いる場所の近くで利用可能店舗を探すということも簡単です。

まとめ

ビットコイン決済を利用すれば支払い時に煩わしい小銭の授受などもなく、電子マネーのように手軽です。現在実店舗ではQRコードの読み取りによる決済がほとんどですが、将来的にはおサイフケータイやApple Payのようにスマートフォンを近づけるだけで支払いができたり、FeliCaの電子マネーのようにカード化されたりすることも考えられます。また、改正資金決済法の施行とともに利用可能店舗はさらに拡大していくことが予想されます。決済手段としてのビットコインの今後にも注目していきましょう。