Topページ > 保険 > 「価格.com保険アワード2017年版」を発表、1位アクサダイレクト、2位は…
公開日:2017年4月5日

株式会社カカクコム(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:畑 彰之介 )は、総合保険比較サイト「価格.com 保険」において、2016年にユーザーの申し込み数が多かった保険商品を選出する「価格.com保険アワード2017年版」を発表した。

 

〜以下、発表資料より〜

 

本アワードでは、生命保険、医療保険など全14部門における1位~3位の商品と、販売チャネル別1位の商品を紹介しており、保険コンサルタントによる受賞内容の解説、専門家による保険業界のトレンド解説も参考にしていただけます。また本年度より、生命保険商品を種類別(終身・定期・収入保障)に集計し、2016年に申し込みが顕著に増加した「就業不能保険」も加えて、さらなる情報の拡充を行いました。

価格.com保険アワード(PC・スマホ対応)
※「価格.com 保険」の運営、保険の申し込み受付、無料相談サービスは、保険募集代理店である、株式会社カカクコム・インシュアランス(100%子会社)が行っています。

総評(株式会社カカクコム・インシュアランス 専務執行役員 小田切 勇)

2016年は「改正保険業法」が施行され、保険業界にとっては変革の年となりました。多様化するお客様のニーズや商品、販売形態などの変化に即した法改正となっており、「意向把握義務」、「情報提供義務」といった販売プロセスの各段階において、きめ細やかな対応が必要になりました。これにより、さまざまな保険商品の中からお客様におすすめする際の商品選定理由が明確になり、安心して保険の相談ができる土壌が整いつつあります。
また、近年では各社間の価格競争や被保険者の死亡率低下により、掛け捨ての死亡保険の保険料が安くなる傾向にあり、以前よりも低廉な保険料で一定の保障を受けられるようになっています。一方で、社会環境の変化により働けなくなった際の保障、つまり就業不能に対する保障のニーズも高まっており、今後はこの分野の商品の充実が図られることが予想され、お客様にとってますます選択肢が増えていくと考えています。

「価格.com保険アワード」について
ユーザーの契約申し込み数をもとにした年間ランキングで、その年にもっとも多く選ばれた商品が部門別に一目で分かるよう、上位にランクインした商品を受賞商品として選出しています。2014年の発表開始から今年で4回目を迎えます。

<選出方法>
2016年1月1日~2016年12月31日の期間に、「価格.com保険」で掲載していた45社171の保険商品から、カカクコム・インシュアランス経由での申し込み数を集計。販売チャネル別に最も申し込み数が多い保険商品を選出しました。
対象保険種類:生命保険(終身保険・定期保険・収入保障保険)、医療保険、がん保険、学資保険、個人年金保険、引受基準緩和型保険、就業不能保険、海外旅行保険、火災保険、バイク保険、ペット保険、ゴルフ保険

 

〜関連記事〜
【FP相談Q&A】生命保険は若いうちに入ったほうが良いのか?
生命保険入るなら掛け捨て型それとも貯蓄型?
生命保険料控除を最大限活用し、メリットを活かす保険の入り方
生命保険の見直し方、「掛け捨て型」と「貯蓄型」その特徴を理解して比べよう
今の生命保険で大丈夫?こっそり教える見直しポイントと金額インパクト