Topページ > 保険 > 日本初の『クラウドファンディング保険』の提供を2017年3月より提供開始
公開日:2017年2月17日
ニュース 日本発クラウドファンド保険

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入一真)は東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区 / 代表取締役社長:北沢利文)と連携し、クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」で資金調達に成功したすべてのプロジェクトの支援者を対象とした、国内初の「クラウドファンディング保険」の提供を開始した。
「クラウドファンディング保険」は、プロジェクト実行者・支援者共に別途費用の支払いが必要なく、プロジェクト実行者の横領・拐帯、会社の倒産によるリターン(返礼品)の不履行といった不測の事態が発生した際に、支援金額の80%を上限として、東京海上日動が保険契約者であるCAMPFIREを通じ、プロジェクト支援者に保険金が支払われる。

〜以下、発表資料より〜

日本初の『クラウドファンディング保険』について

『クラウドファンディング保険』の適用条件

保険の対象となるのは、下記2点の条件を満たし、かつプロジェクトの支援募集終了日から1年以内に履行予定のリターン(返礼品)の支援者です。

・クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」に掲載されたプロジェクト(※1)の支援者であること
・「All-or-Nothing」(※2)方式で目標金額を達成したプロジェクト、もしくは「All-In」(※3)方式で資金調達に成功したプロジェクトの支援者であること

※1:運用開始以降に資金調達に成功したすべてのプロジェクトを指します(2017年3月運用開始予定)
※2:「All-or-Nothing」とは、募集期間内に目標金額を達成した場合のみ支援金をお支払いする方式を指します
※3:「All-In」とは、目標金額の達成・未達成に関わらず、集まった支援金をプロジェクト実行者にお支払いする方式を指します

ニュース 日本発クラウドファンド保険

『クラウドファンディング保険』の流れ

(1) プロジェクトの支援者よりCAMPFIREに「リターン(返礼品)が届かない」との連絡が入る
(2) CAMPFIREからプロジェクト実行者に連絡を取り、実態を調査
(3) プロジェクト実行者の横領・拐帯(かいたい)、会社の倒産の事実が認められた場合、所定の審査のもと保険を適用

クラウドファンディング保険が「適用外」となる主な事例

以下に該当するプロジェクトの支援者は、保険の適用外となります。
(a) 被保険者の故意
(b) 戦争、変乱、騒擾、労働争議
(c) 地震、噴火、洪水、津波または高潮
(d) プロジェクト実行者またはその使用人等が行う次の仕事
・医師、歯科医師、看護師、保健師または助産師が行うのでなければ人体に危害を生ずるおそれのある行為
・薬品の調剤・投与、薬品の販売・供給
・あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師または柔道整復師以外の者が行うことを法令により禁じられている行為
・建築士、土地家屋調査士、技術士、測量士または獣医師以外の者が行うことを法令により禁じられている行為

株式会社CAMPFIRE
クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE