Topページ > 保険 > 40歳公務員のための保険活用術シミュレーション
更新日:2017年3月22日

保険を活用したライフプランのシミュレーションシリーズ第二弾です。生命保険に関する情報は新聞・雑誌やネットにたくさんあり、一般的な事であればいくらでも調べることができます。しかし、自分にとってどのような保険プランが最適なのかは判断しづらいものです。そこで、具体的な世帯像を設定して、最適なプランを考えてみました。

前提条件

夫40歳公務員 年収500万 /妻40歳 年収400万 /子1人(小学生)

賃貸マンション暮らし 金融資産500万円

夫が亡くなってしまった時の生活費に備える

共働きの場合、夫がもし死んでしまったら家計はどうなるのでしょうか?

妻の勤労収入は途絶えない為、夫の勤労収入が途絶えることで困る分を備える必要があります。賃貸マンション暮らしなので、住居費用は夫が亡くなったとしても払い続けていかなければなりませんが、子どもと2人暮らしになることで小さめのマンションに引っ越したり、妻の実家に引っ越したりする可能性もありそうです。実家に引っ越せば家賃の心配は必要ないので、どこに住むかある程度は想定したうえで、備えをした方が良いです。

 万一時に必要な生活費の不足分 = 「現在夫の収入で賄われている生活費」 - 「万一後に不要となる費用」 - 「公的年金等で補てんされる額」

仮に夫の収入から生活費に月々20万円使っていて、万一時に不要となる費用が月々10万円、受け取れる遺族厚生年金等が10万円とすると月々の生活は妻の収入と遺族年金等で賄うことができる計算(20万-10万-10万=0円)になります。

計算上は生活費の不足分がなくても、将来の子どもの教育費や老後への備え等を考えて、何らかの保障はあった方が安心なら、家計の負担にならない程度に備えておくと良いです。例えば、月々の保険料を2,000円程度で収入保障保険や定期保険に加入しておくのも良いですし、貯蓄も兼ねて終身保険に加入するのも良いでしょう。終身保険の場合、保険金額500万円、保険料払込期間を65歳に設定すると、保険料は月々13,000円程度からあります。

妻が亡くなってしまった時の生活費に備える

夫の場合と同じ考えができ、妻の勤労収入に支えられている分に対して備えておくと良いです。妻の勤労収入も家計を一定割合支えているので、妻が専業主婦の場合より万一時への備えは重要になってきます。

将来の教育費や老後に備える

小学生の子どもが今後進学するにつれて、教育関連の支出が増えていきます。昨今は奨学金制度を利用する大学生が増えており、どこもやりくりが大変な状況です。共働きでもし家計に余力があるなら、将来の教育費に備えて計画的に積み立てていきたいものです。積み立てる手段は学資保険や終身保険(低解約返戻金型)でも預金でも構いません。今は低金利で大幅に増やすことは難しいですが、まずは積み立て始めることが大事です。

 加入に向いている保険……貯蓄も兼ねて学資保険または終身保険(特に低解約返戻金型)

保険料イメージ 月々1万円以上(多ければ多いほど貯まります)

金融資産は予備資金として換金しやすいところに置いておく

例の相談者は金融資産が500万円ありますが、子どもの教育関連費で使うことも考えられるので、長期で運用するよりも銀行口座か証券口座に入れておいて、比較的簡単に現金化できるリスクの少ない金融商品で運用しておくのが無難でしょう。

おわりに

子育てが終われば次は自分たちの介護や年金に備えていくことになります。お金がいくらでもあれば将来の経済的備えに悩むこともないでしょうが、悩み一生懸命考えるからこそ良い人生になるのかもしれません。生命保険を上手く活用して不安のない(少ない)生活を送っていきましょう。

【40歳:共働き夫婦】おススメな投資のポートフォリオを公開
【事例】共働き夫婦プロフィール・夫40歳、妻40歳、子ども6歳・共働き(夫:公務員、妻:会社員)・世帯手取り収入800万円(夫480万円(上昇率1%)、妻320万円)・夫の退職金60歳時3000万円・金融資産700万円・住宅ローン...