Topページ > 保険 > その保険で大丈夫?FPが教える生命保険の見直しのコツ
更新日:2017年3月22日

加入している生命保険は保障内容を見直す必要があるのかどうか、見直す場合どのように進めていったらよいか等、生命保険の見直し方のコツについてまとめてみました。

加入している保険の内容を再確認する

生命保険に加入した時は、保障内容を全て理解したうえで安心できる最適なプランに加入したはずです。しかし、生命保険は株や為替等と違って日々動きがあるわけでもなく、もしもの時のことを日々気にしている人もいないので、時が経つにつれて保障内容を忘れてしまっている人が多いです。

保険の保障内容を見直しする必要があるかどうか確認する上でも、まずは保険証券や設計書、ご契約しおり・約款を取り出し、契約内容を今一度確認してみると良いです。そして、加入した当時、何が心配で生命保険に加入したのか、どのような考えで加入した保険商品やプランを選んだのかを、頑張って思い出してみましょう。

保険内容と希望にミスマッチがあれば見直しをする

保険の見直し

いくら最適な保障内容の生命保険に加入したとしても、後は何をしなくても一生安心と言うことではありません。何故なら、加入してから長い時間が経過すれば、その間に社会の状況が大きく変わり、自分自身の状況も大きく変わっている可能性が高いからです。例えば死亡保険金が出る保険の場合でイメージしてみましょう。

  • 加入後に経済発展等によって貨幣価値が変化していたら……?
    • 遺族が生活していくための必要保障額に過不足が生じている可能性がある。

 

  •  加入後に出世して収入が増え、生活水準が上がっていたら……?
    • 上がった生活水準に適した保障額になっていない可能性がある。

 

  • 加入後に公的年金制度の改定で遺族年金額が大幅に変わってしまったら……?
    • 公的制度を補完する生命保険の保障額に過不足が生じている可能性がある。

社会や自分自身の変化に合わせて保障内容も変えていく必要があります。また、生命保険商品も時代の変化に対応が必要な場合があります。例えば、がんの治療方法は昨今入院をせずに通院で治療するケースが増えてきています。しかし、加入している保険が、がんになっても入院をしないと給付金を受け取れない内容になっていたら、がんになった時、「こんなはずではなかった」と思うかもしれません。

今思う最適な保障内容と加入している保険の保障内容が一致していない可能性があるなら、保障内容を見直すことを検討してみても良いです。

保険の見直しを始める場合は、加入している保険の担当者に再度連絡しても良いですし、別の保険会社や代理店に出向いても良いです。情報収集から始めるなら、保険会社のホームページやパンフレットを見たり、情報誌等で専門家(保険に詳しいファイナンシャルプランナー等)の意見を参考にしたりすると良いでしょう。

【最新版】備えの必要性から考えよう、生命保険の賢い選び方
生命保険に加入する際、どのように選んだらよいか迷うところです。今どきの生命保険の選び方についてまとめてみました。

保障の継続性を確保する

保障内容の見直しを実行する時は、加入している保険を増額・減額したり特約を解約・中途付加したりする場合もありますが、多くは新しい生命保険に加入するでしょう。その場合、おそらく今まで加入していた生命保険を解約することになります。新たに保険に加入しようとした場合、健康状態等によっては加入に条件が付いたり、加入できなかったりすることもあります。そのため、新しい保険に加入できたのを確認してから今までの保険を解約しないと、どちらの保険も失ってしまうことも考えられます。がん保険は加入から90日間免責期間があるので、今までの保険を免責期間が終わる前に解約すると、保障されない期間ができてしまいます。保障の継続性を確保できるよう気をつけましょう。

今までの保険を解約する時は、解約返戻金の確認や保障がなくなることを理解した上で慎重に行うようにして下さい。また、解約ではなく払済という方法もあります。払済とは保険料の支払いを済ませたことにして、保障は今まだ払った保険料で確保できる分だけに減らして、保険契約を継続させる方法です。

最後に

保険の保障内容の見直しは、いつも安心できる保険に加入していくための作業です。何の保険に加入しているか忘れてしまうことのないよう、たまには保険のことを考えてみましょう。

将来への備えは万全?40歳まで必ず考えるべきライフプラン
長生きする時代、何歳になっても安心できる生活をしていくためには、遅くても40歳代までにはライフプラン(将来設計)を立てておきたいものです。ライフプランの大事なポイントをまとめてみました。