Topページ > 保険 > 【最新版】備えの必要性から考えよう、生命保険の賢い選び方
更新日:2017年3月22日

生命保険に加入する際、どのように選んだらよいか迷うところです。今どきの生命保険の選び方についてまとめてみました。

何の備えが必要か考える

経済的な面で困る例を想像してみましょう。

もし夫が亡くなったら?妻が亡くなったら?親が亡くなったら?自分が亡くなったら?

⇒その後、誰か(家族等)が生活していくのにお金がなくて困るかもしれない。

⇒亡くなっても困らないよう万一時の生活費を確保できる保険に加入する。

もし夫が長生きしたら?妻が長生きしたら?親が長生きしたら?自分が長生きしたら?

⇒将来お金が足りなくなって生活できなくなるかもしれない。

⇒長生きしても困らないよう将来の生活費を確保できる保険に加入する。

もし夫が介護状態になったら?妻が介護状態になったら?親が介護状態になったら?自分が介護状態になったら?

⇒その後、介護に必要なお金がかかり、介護する人は仕事を辞めて収入が減ってお金に困るかもしれない

⇒介護状態になっても困らないよう介護時の生活費を確保できる保険に加入する。

生命保険は、基本的に人にもしもの事が起きても誰か(自分も含む)が経済面で困ることのないよう、お金(保険金等)を備えておくものです。何が起きてもお金に困る人がいない場合は、備えのために生命保険に加入する必要はありません。また生命保険で備えなければならないことはなく、株や投資信託等で運用して備えても良いですし、誰かに頼っても良いのです。

保険の選び方

その保険で大丈夫?FPが教える生命保険の見直しのコツ
加入している保険の内容を再確認する生命保険に加入した時は、保障内容を全て理解したうえで安心できる最適なプランに加入したはずです。しかし、生命保険は株や為替等と違って日々動きがあるわけでもなく、もし...

必要な備えに適した保険商品を探す

日本には数多くの保険会社があり、選びきれないほどの保険商品があります。保険商品によって保障内容に違いがあるので、備えの目的別に保険商品を分類してみました。保険会社によって呼称が違う場合もあります。

  • 死亡に備える保険……定期保険、収入保障保険、終身保険、養老保険 
  • 病気・ケガに備える保険……医療保険、がん保険、特定疾病保険 
  • 介護に備える保険……介護保険 
  • 貯めることもできる保険……個人年金保険、学資保険、終身保険、養老保険 

最近の傾向としては、国内の金利が一段と下がっており、保険業界においても例外ではありません。生命保険商品は金利(予定利率)が下がると保険料は上がり、貯蓄性は悪くなる傾向にあります。個人年金保険や学資保険のように、貯蓄性も期待されている商品では大きく影響を受けますが、保険以外の貯蓄性商品も同じように影響を受けるので、そのような状況を理解した上で選ぶと良いでしょう。

また、外貨建ての保険商品や、介護・所得保障に関する保険商品が増えてきたことで、あらゆるニーズに応えられるようになってきています。

 適切なプランを選ぶ

加入目的が明確になり、保険商品をある程度絞れたら、次はいろいろ試算して最適なプランを見つけます。プランニングに必要な項目は「契約者」「被保険者」「受取人」「保険期間」「保険料払込期間」「払込方法(年払い・月払い等)」「保障額」「特約の選択」等です。

医療保険やがん保険では、保険料払込期間を終身にして保険料払込免除特約を付けるケースが増えているようです。保障額や特約の選択は保険料とのバランスを取りながら決めていくと良いです。また、同じ保障内容でも保険会社によって保険料は異なるので、納得できる内容になるまでいろいろと試算してみましょう。

将来への備えは万全?40歳まで必ず考えるべきライフプラン
ライフプランは95歳まで立てておきたい日本の平均寿命はのびています。厚生労働省簡易生命表の概況によると、日本人の平均寿命は平成27年には男性80.79歳、女性85.52歳で、10年前に比べて男性で2.23歳、女性で1.5...